新コンセプトのアプライアンス、コードネームは”SAMURAI”と”SUMO”

米国時間の9月10日、新しいコンセプトのハードウェアアプライアンス、SAMURAIとSUMOを英語版プレスリリースで発表しました。このSAMURAIとSUMOは社内のコードネームです。その名残は、ベゼル(フロントパネル)のデザインに残っています。日本の兜をイメージしています。 このSAMURAIは、製品名はFL3000μNODEといい、次のようなサーバーです。ひとつの筐体に最大8つのμNODEという小型サーバーを収納できます。 データを大量に保存するハードディスクドライブ(HDD)はなく、半導体メモリの高速記憶装置であるSSDだけが搭載されています。 そのため、もうひとつのSUMOと「組み合わせて」利用します。このSUMOは、HDDを最大60ディスクまで搭載できる超大型のデータ格納装置です。 このSAMURAIもSUMOも、ファンや電源も含む全てのパーツが運用したまま交換可能(ホットスワップ)です。 そして、SAMURAIではμNODEを3台、SUMOも数台のディスクから始め、データ量が増えるに従って、このひとつの筐体にそれぞれを追加するだけで、全体のストレージ容量を拡張できます。 ひとつの筐体であれば最大480TB、SAMURAIとSUMOを収納したひとつのラックであれば、最大3.8PBまでのデータ容量を確保できます。 これまでは、マザーボードとHDDがひとつの筐体となったサーバーを多数並列して、分散ストレージを構築してきました。そこでは、パーツの1部でも故障すれば、筐体そのものを交換しなければなりません。 SAMURAIとSUMOであれば、筐体はそのままで、μNODE、ファンや電源等のパーツ、HDDを取り換えるだけです。数年おきに買換・置換を繰り返す必要のない、長年に亘り使い続けられる「Forever-live Storage」となります。 … Read More

Lenovo System x + CLOUDIAN HyperStoreの性能・動作検証結果を発表

先日、レノボ・ジャパン様と共同で実施したLenovo System xをハードウェアとして使ったCLOUDIAN HyperStoreの性能・動作検証結果レポートを公表しました。 最近、多くのITインフラベンダーが「ソフトウェアデファインド(ソフトウェア定義)」という表現を使い始めています。このソフトウェアデファインドについては、IT Leadersの連載「ハイブリッドクラウド時代必修ITインフラの基礎知識」で解説をしています。詳細は、「【第3回】次世代ITインフラはソフトウェアが定義する」 をご覧ください。   ソフトウェアデファインド(Software Defined)の定義: 汎用的なハードウェアを使いながら、ソフトウェアによって必要な機能を実現することで、専用ハードウェアと変わらぬ機能を実現すること、および、その仕組み … Read More

サポートエンジニアNightで講演しました

去る7月2日(木)、渋谷のスマートニュース様の会議室にて開催された「サポートエンジニアNight」にて、クラウディアンのテクニカルサポート ダイレクターの後藤が講演をしました。 後藤は、マイナビエンタープライズのインタビュー記事「CLOUDIANはサポートも日本発、高品質なサービスを世界に届ける“秘訣”とは」で紹介されましたが、日本を拠点としながら、クラウディアンのグローバルサポートを統括しています。 当日は、CLOUDIAN HyperStoreのサポートに必要な技術スキル、グローバルチームで24時間保守を行うためのツールや、チャット等を活用したコミュニケーション方法について紹介をしました。講演資料はスライドシェアにアップしてありますので、ぜひご覧ください。 この勉強会は、エンジニアのためのIT勉強会やセミナーの情報検索サービスを提供するdots(ドッツ)様が、講演者の手配から、当日の運営までを引き受けていただき、実現したものです。 講演者には、クラウディアンのほか、トレジャーデータ様、マイクロソフト様、アマゾンデータサービスジャパン様からという、非常に豪華な顔ぶれのサポートエンジニアが登壇しました。 開発系エンジニアの勉強会は多く開催されていますが、サポート系エンジニアの勉強会は珍しく、100名近くが参加し、たいへんに盛況でした。 懇親会では次回の講演企画が話題になっていました。ご関心のある方は、開催のお知らせがメールで配信されますので、dotsに登録されてはいかがでしょう。 Share This:

日本発の革新的なベンチャー企業に選ばれました

クラウディアンは、米国時間7月10日(金)、スタンフォード大学で開催の「Japan-US Innovation Award」における「2015 Innovation ShowCase」に選出されました。 「Japan-US Innovation Award」は、2011年に開始され今回が第5回目となります。これまでは、日米の革新的な企業をそれぞれ表彰しており、昨年は、日本のEmerging LeaderとしてLINE社が受賞、本年は、日本からJiNS社、米国からiRobot社が受賞者として発表されています。 このいずれも、すでに大きく成功している企業ですが、本年5月、日本の安部首相がスタンフォード大学を訪問され、日本とシリコンバレーとの結びつきを強くするとの講演をされていました。 … Read More