クラウディアン、ネットワークカメラ用アクティブ・アーカイブ・ソリューションを発表

~ ネットワークカメラ撮影映像を長期間大量保存し、オンライン活用 ~

2017年10月16日
クラウディアン株式会社

クラウディアン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:太田 洋 以降、クラウディアン)は、アクシスコミュニケーションズ(本社: スウェーデン・ルンド市、以降、アクシス)が提供するネットワークカメラ用のクラウドストレージAPI対応コネクター(名称:CLOUDIAN S3 IP Camera)を開発し、大量の映像データを経済的に長期保管できるオブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HYPERSTORE」との接続を可能にしましたのでお知らせします。

『CLOUDIAN S3 IP Camera』は、既存のアクシスのネットワークカメラにダウンロードしてインストールすることができるアプリケーションです。クラウディアンがアクシスのアプリケーション開発パートナープログラムを通じて、アクシスのACAP (AXIS Camera Application Platform)に対応する形で開発したものです。

アクシスコミュニケーションズについて:https://nas/content/live/cloudian17.axis.com/jp/ja/
ACAPについて:https://nas/content/live/cloudian17.axis.com/jp/ja/support/developer-support/axis-camera-application-platform

クラウディアンが提供するスケールアウト型オブジェクトストレージ製品「HYPERSTORE」は、クラウドストレージの事実上の標準と言えるS3 API への完全準拠を目指し開発されています。最小構成3台のノードから始め、ペタバイト超級のデータも経済的に保存できるAmazon S3と同等のクラウドストレージシステムをお客様のデータセンター内に構築運用できます。

今後、ネットワークカメラは監視に留まらず、IoTやAI(人工知能)等により幅広い用途で活用されるケースが増えると予想されています。しかし、従来型のネットワークカメラにおいては、撮影映像をSDカード等のメディアやエントリーNASに保存するのが一般的であり、高精細・大容量データを経済的に長期間に保存することには限界がありました。

『CLOUDIAN S3 IP Camera』を、アクシスのネットワークカメラにインストールすることで、その撮影映像をインターネット経由でHYPERSTOREに直接保存し、オンライン活用を可能にしながら、長期間、経済的にアーカイブできるソリューションが実現します。これにより、お客様には次のようなメリットがあります。

容量制限を気にせず映像データをアーカイブ

  • HYPERSTOREには、従来型NAS装置のような容量制限がありません。ノードを追加するだけで自動的に全体のストレージシステムの容量を拡張できます。装置の置換や、データ移行といった手間なしに、大量の映像データを長期間アーカイブし、オンライン活用できます。また、強固な認証システム、SSL通信、Server Side Encryption(データの暗号化機能)によって、守秘性の高い映像も安全に保管することができます。

効率的な映像データ伝送

  •  S3 APIは、インターネット経由でクラウドストレージを効率的に使える機能を備えています。そのひとつであるマルチパートアップロードAPIは、映像・画像といった大きなファイルを細かく分割して送信します。ネットワーク障害により途中で送信が途切れても、全体を再送する必要がありません。そのため、4K/8Kといった高精細・大容量映像を無線インターネット環境でも送ることができます。

多目的に活用できるエコシステム

  • アナリティクス、ビッグデータ、ビジネスインテリジェンス、AI等の分野において、S3 APIを使うサービスやアプリケーションは数多く登場し、豊かなエコシステムを形成し始めています。S3 API互換の HYPERSTOREに映像・画像を保管することで、これらのエコシステムを活用できる幅が大きく広がります。
  • なかでもAIの分野で最近注目されるディープラーニングによる高度な画像認識技術によって、映像内に映っている人や物の物体認識が可能となり、物体にタグ情報を自動で生成・付加することが可能です。タグ情報をカスタマイズして付加できるHYPERSTOREのメタ情報機能を活用すれば、必要な映像を短時間に検索することが可能となるでしょう。

この『CLOUDIAN S3 IP Camera』ソフトウェアは、クラウディアン、またはCLOUDIAN HYPERSTOREパートナー様経由で配布いたします。

 

アクシスコミュニケーションズ日本法人からのコメント:

「このたびのクラウディアン様の製品にて当社のACAP (AXIS Camera Application Platform)に対応をいただいたことを歓迎いたします。ACAP はアクシスのネットワークカメラにクラウドストレージへの接続などのインテリジェント機能を追加できるプラットフォームとして、2009 年以来、全世界の様々なシーンで活用されています。今回のクラウディアン様のご対応により、ネットワークカメラの用途が映像監視に加えてIoTやAIによる新しい分野への発展がさらに進むことを期待しております。」

アクシスコミュニケーションズ株式会社
北アジア地域 ビジネスディベロップメント マネージャー 大部 信

NECネッツエスアイ株式会社からのコメント:

「この度クラウディアン様が、ネットワークカメラとクラウドを直接接続させる、CLOUDIAN S3 IP Cameraのサービスを開始されることを心よりお祝い申し上げます。
今後ネットワークカメラは、これまでの安心・安全の用途に加え、アミューズメントやマーケティング、文教・医療等、様々な分野において更に需要が高まっていくのは明白です。本クラウディアン様のサービスが、それら新しい発展に貢献されることを確信しております。
弊社は本サービスにおいて、設置環境の設計から構築、保守・運用までトータルでご支援させて頂きます。」

NECネッツエスアイ株式会社
テクニカルサービス事業本部 テクニカルサービス販売推進本部
担当部長 赤崎 好伸

クラウディアン株式会社 代表取締役社長 太田 洋のコメント:

「人口をはるかに上回る数のIoTデバイスが様々な場所に拡散するといわれているIoT/Big Data/AI時代において、ネットワークカメラとクラウドストレージの関係は極めて重要なものになってくるでしょう。CLOUDIAN S3 IP Cameraによってカメラとクラウドが直接接続され、Big DataやAIなど様々な最先端の技術が利用できるようになることで、ネットワークカメラの用途が大きく広がると確信しております。全世界のさまざまな業種で広く活用されているアクシス様のネットワークカメラに対応することによって、グローバル市場で活用されることを期待しています。」

 

■ CLOUDIAN HYPERSTOREの概要
日本で生れ、現在はシリコンバレーに本社を置くクラウディアンが開発提供する「CLOUDIAN HYPERSTORE」は、ソフトウェアデファインドのオブジェクトストレージ製品です。汎用サーバーをハードウェアに使い、3台からスモールスタートし、数ペタバイト超級にまでスケールアウトできる高い拡張性を有します。複数サーバー間、さらには複数データセンター間でも、自動複製・分散配置により堅牢にデータ保護します。国内外の大手クラウドサービスとエンタープライズITのオンプレミス・ストレージとして採用されています。

Share This:
Facebooktwitterlinkedinmail