強化されたランサムウェアの保護を実現する、Veeamと共同ソリューションを発表

オンプレミスのS3 オブジェクトロック機能と米国政府認証のデータ不変性を備え、 攻撃が発生した場合には確実な復元を実現させます 米国カリフォルニア州サンマテオ2020年2月19日 – Cloudian®は本日、HyperStore®オブジェクトストレージと、エンド・ツー・エンドのオンプレミスバックアップアーキテクチャ内でランサムウェア保護(ransomware protection)を提供する新しいVeeam Availability Suite v10 (NEW Veeam Availability Suite v10)をベースとする新ソリューションを発表しました。 Cloudian-VeeamソリューションはS3 オブジェクトロック機能をサポートし、顧客はバックアップデータコピーのブロックが可能となり、ハッカーの暗号化や削除を防止することができます。 このデータの不変性(米国政府の認証テストで検証済み)は、ランサムウェア攻撃が発生した場合に信頼性の高い復旧を実現するために、感染していないコピーの可用性を確保します。 増え続けるランサムウェアの脅威 FBI(米国連邦捜査局)によると、ランサムウェアは最も急成長しているマルウェアの脅威であり、毎日平均4,000件のランサムウェアインシデントが発生しています。 この数値は2015年から300%増加しており、世界経済フォーラムWorld Economic Forumがサイバー攻撃を世界のトップ5のリスクの1つとして特定した理由が明白です。 フィッシングの被害を被らないように従業員をトレーニングしたり、マルウェア対策ソフトウェアをインストールしたり、典型的なランサムウェア防止の取り組みは、残念ながらいまだ不十分と言えるでしょう。 Cloudian-Veeam オブジェクトロックソリューション CloudianとVeeamの両方がS3 オブジェクトロック機能をサポートします。新しい統合ソリューションにより、お客様はランサムウェアの暗号化からバックアップコピーを保護し、攻撃が発生した場合、クリーンなバックアップ復元が可能になります。 さらに、このソリューションは以下を含む包括的なデータ保護のベネフィットを提供します。 高度なセキュリティ機能 : セキュアシェル、統合ファイアウォール、RBAC/IAMアクセス制御、サーバー側保存データのAES-256暗号化、送信データのSSL暗号化、および米国国防総省とSEC規則17a-4(f)セキュリティ要件によってHyperStoreは認定を受けました。 迅速な復元 : バックアップコピーはオンプレミスのディスクベースのオブジェクトストレージターゲットに保存されるため、パブリッククラウドサービスより、はるかに迅速な復元が可能です。 モジュラーで無限のスケーラビリティ : 小規模で始めながら、中断することなく拡張が可能です。 地理的分散 : 複数のデータセンターおよびハイブリッドクラウド環境全体でストレージを簡単に管理し、1つの画面から管理が可能です。 パブリッククラウドレプリケーション: 災害復旧(DR)用のパブリッククラウドレプリケーション。 70%のコスト削減 : 従来のディスクおよびテープベース製品に比べ、最大70%のコスト削減。 このCloudian-Veeamソリューションは、ransomware protection-as-a-service(ランサムウェア保護・アズ・ア・サービス)としたプラットフォームとしても機能します。VMware Cloud Providerの場合は、VMware vCloud Directorを介してシングルポイント管理を提供します。 「この新しいCloudian-Veeamソリューションは、進化する脅威に直面しているお客様のデジタル資産を保護するための継続的なコラボレーションを反映しています」 Veeam のCTO 兼  senior vice president, product strategyのDanny Allan氏はこう述べました。 「ランサムウェア攻撃の防止はますます困難になっているため、攻撃から迅速かつ簡単に回復することに焦点を当てています。新しいVeeam Availability Suite v10のオンプレミスS3 オブジェクトロック機能は、みなさまに“安心”もお届けします。」 「ランサムウェアの脅威が高まる中、データ保護製品にはデータの不変性が強く求められていました。」と、 Evros Technology GroupのOperations ManagerであるDanny McEntee氏は述べています。 「Veeamの長年のサービスプロバイダーとして、Cloudianの新しいオブジェクトロックソリューションに大変期待しています。これにより、強化されたランサムウェアおよびマルウェア保護をお客様に提供できるようになります。」 CloudianとVeeamの企業データ保護が、実際どのように役立つかの詳細は以下をご覧ください。 Cloudian-Veeam動画はこちらからご覧くださいhttp://bit.ly/2V1S3hX 現地時間2月25日(登録サイトhttp://bit.ly/38GoPZU)と3月5日(登録サイトhttp://bit.ly/2V2G7g0)にCloudian-Veeamウェビナーを予定しています。ぜひご視聴ください。 ランサムウェアとの戦いに焦点を当てたCloudianのWebもご覧ください。http://bit.ly/3bIK2EF Cloudianについて クラウディアンは、業界で最も高度なS3互換性と、広範なパートナーシップエコシステムを備えた、最も広く導入されているオブジェクトストレージシステムの独立プロバイダーです。 受賞歴のあるフラッグシップソリューションであるHyperStoreは、無限の拡張性とクラウドライクのテクノロジー、柔軟性、そして経済性をデータセンターに提供します。 クラウディアンのグローバルデータファブリックアーキテクチャにより、単一の統合プラットフォーム内で、オンプレミスとパブリッククラウド両方のサイトにわたりオブジェクトとファイルデータをシームレスに保存、検索、保護することが可能となります。 詳しくはhttps://cloudian.com/jp/をご覧ください。   U.S. Media Contact Jordan Tewell 10Fold Communications cloudian@10fold.com +1 415-666-6066 EMEA Media Contact Will McCurdy Red Lorry Yellow Lorry cloudian@rlyl.com +44 (0) 20 7403 8878 Share This:

Networld、クラウディアンのオブジェクトストレージソリューションを日本国内提供へ

  スケーラビリティー、ハイブリッドクラウド、そしてS3互換ストレージのコ ストメリットをより多くのお客様に提供します  東京、2019年12月16日 – Networld Corp.とCloudian®は本日、NetworldがCloudianのHyperStore®オブジェクトストレージソリューションを日本国内にて今月販売開始することを、販売契約の締結に基づき発表しました。 この新しいパートナーシップにより、ハイブリッドクラウドおよびオンプレミス環境で増大するデータセットの価値を管理、保護、最大化するための、無限のスケーラビリティーと完全S3互換性を備え、コスト効率に優れたプラットフォームの提供が可能になりました。 これは、もっとも広く導入されているオブジェクトストレージシステム独立プロバイダとしてのCloudianの地位と、昨年よりアジア太平洋地域で拡大した同社の存在感を示したものです。 また、日本最大のVMwareディストリビュータとしてNetworldは、VMware Cloud Providers向けに最近導入されたCloudianのソリューションも提供可能となりました。 Cloudianは、科学研究、金融サービス、通信、医療、政府機関、メディア、エンターテイメントなどのデータ集約型の業界のニーズに、次のような幅広い用途で対応します。 データ保護 アクティブアーカイブ ストレージサービス NASの負荷軽減 ビッグデータ 人工知能/機械学習 HyperStoreは、業界最先端のS3互換性を提供し、パブリッククラウドやプライベートクラウド、 そしてオンプレミス環境にわたりシームレスなデータ管理を可能にします。ハイブリッドおよびオンプレミスプライベートクラウドデータ管理に加えて、HyperStoreには次のようなメリットがあります。 モジュラー型で無限のスケーラビリティー:過剰なプロビジョニングを必要とされる他多くのオブジェクトストレージプロバイダとは異なりkCloudianでは小規模から初めながら無制限に拡張できます。容量がhつようになる際は、無停止でクラスタにノード追加や新しい場所を追加でき、一つのストレージプールを構築することができます。 地理的分散:HyperStoreのグローバルデータファブリックにより、ストレージをどこにでも導入でき、シンプルに一元管理が可能です。 マルチテナント:HyperStoreは、データのプライバシーを確保するために、共有システム内に隔離されたストレージ環境を提供します。さらに、課金およびQoS機能も組み込まれているため、パフォーマンスSLAを満たすことができます。 最大70%のコスト削減:CAPEXを削減し、時間とコストのかかるデータ以降を排除することで、Cloudianは専用のディスクベース製品やテープベースのシステムと比較して、データ保護コストを最大70%削減できます。 構成選択が可能:ソフトウエアライセンス、またはアプライアンス製品で構成を選ぶ事ができます。 Networld代表取締役社長 森田晶一氏は、「オブジェクトストレージの採用が増加しており、この傾向がさらに加速すると予想されます。」と述べました。「Cloudianとの提携は、お客様をビジネスや組織の成功へと導く優れたソリューションを提供するという、当社の継続的な取り組みを反映するものです。」 「この1年間で、Cloudianはオブジェクトストレージスペシャリストとしての地位を確固たるものにしてきました。従来のファイルおよびブロックストレージシステムを克服へと導き、進化するデータ管理と保護のニーズを満たすことを可能にしています。」 Cloudian,Vice President, Asia PacificのBrian Burnsはこう述べました。 「当社のセールスパートナーは、クラウディアンのソリューションのメリットをユーザーに提供するうえで大変重要な役割を果たしています。日本市場において紛れもないリーダーであるNetworldと連携できることに、大きな喜びを感じています。」 CloudianおよびHyperStoreソリューションの詳細については、cloudian.com/jp/ をご覧ください。 ネットワールドについて 株式会社ネットワールドは、ITインフラストラクチャーのソリューション ディストリビューターとして、クラウド コンピューティング時代の企業IT基盤を変革する技術製品と関連サービスを提供しています。サーバー、ストレージやネットワーク、そしてアプリケーションやデスクトップの仮想化に早期から取り組み、次世代のITインフラストラクチャーのあるべき姿をリードしています。https://www.networld.co.jp/ Cloudianについて クラウディアンは、業界で最も高度なS3互換性と、広範なパートナーシップエコシステムを備えた、最も広く導入されているオブジェクトストレージシステムの独立プロバイダーです。 受賞歴のあるフラッグシップソリューションであるHyperStoreは、無限の拡張性とクラウドライクのテクノロジー、柔軟性、そして経済性をデータセンターに提供します。 クラウディアンのグローバルデータファブリックアーキテクチャにより、単一の統合プラットフォーム内で、オンプレミスとパブリッククラウド両方のサイトにわたりオブジェクトとファイルデータをシームレスに保存、検索、保護することが可能となります。 詳しくはhttps://cloudian.com/jp/をご覧ください。   Networld Media Contact Tsutaya pr@networld.co.jp 81-5210-3911 Cloudian Media Contact Jordan Tewell 10Fold Communications cloudian@10fold.com +1 415-666-6066   Share This:

オーストラリア大手のVMwareクラウドプロバイダーが、 クラウディアン・オブジェクトストレージを新サービス提供の基盤として選択

AUCloudで、急速に成長するS3互換アプリケーションのエコシステムが活用可能に 米国カリフォルニア州サンマテオ、2019年10月16日 – Cloudian®は本日、オーストラリアの主権的存在であるクラウドInfrastructure-as-a-ServiceプロバイダーのAUCloudが、VMware Cloud Provider向けにクラウディアンの新しいオブジェクトストレージソリューションを導入することを発表しました。VMware vCloud Directorから直接管理されるクラウディアンのソリューションにより、その無限の拡張性、コスト効率、豊富な機能セットを活用して、新たに強化されたS3ベースのストレージサービスが提供可能になります。 AUCloudはオーストラリア政府機関(連邦・州・地方)と重要な国内産業のサポートに特化しており、データ管理とセキュリティの最高水準を満たすことを必要とされています。 認証済みのVMware Cloud ProviderであるAUCloudは、vCloud Director環境に特化したオブジェクトストレージソリューションを開発したクラウディアンの最近の発表に着目し、広範なテストの結果、ソリューションの導入を決定しました。 「S3 APIがパブリックおよびプライベートクラウドストレージの事実上の標準となったことで、 クラウディアンの完全ネイティブS3互換性と高度な機能を利用し、新しい付加価値サービスをお客様に提供する機会が得られたと考えています。」AUCloudのmanaging directorであるPhil Dawson氏はこう述べています。「当社がサポートする顧客を考えると、クラウディアンの共通標準およびFIPS-2セキュリティ認定も、導入を決定づける重要な考慮事項でした。」 「私たちは主にS3ベースのStorage-as-a-Service、 Backup-as-a-Service、Archive-as-a-Serviceを提供しようとしています。クラウディアンは他の顧客と協力し、ビッグデータワークロードのオフロードを提供している点も、当社にとって興味深いと言えるでしょう。」 クラウディアンは、S3との互換性に加え、エクサバイトのストレージを中断することなく、小規模から始めて拡張する機能を提供します。他の主要なクラウディアン機能には、マルチテナント、課金およびQoSなどの統合管理ツール、データ暗号化およびセキュリティとコンプライアンスのためのWORM、複数のデータセンター間でストレージを容易に管理するための広域分散処理などが挙げられます。 「AUCloudの例は、独立系クラウドプロバイダーが、急速に進化する市場においてリーダーシップを発揮する絶好のチャンスだと思っています。」クラウディアンのchief marketing officerであるJon Toorはこう述べました。「VMwareとのパートナーシップを通じて、専門的なデータ管理/保護サービスをお客様に提供し、これらのプロバイダーが新たな収益性の高いビジネスチャンスを開拓できるよう支援していきます。」 vCloud Director対応のクラウディアンオブジェクトストレージに関する詳細はこちらをご覧ください。 https://cloudian.com/vmware/ クラウディアンについて クラウディアンは、業界で最も高度なS3互換性と、広範なパートナーシップエコシステムを備えた、最も広く導入されているオブジェクトストレージシステムの独立プロバイダーです。 受賞歴のあるフラッグシップソリューションであるHyperStoreは、無限の拡張性とクラウドライクのテクノロジー、柔軟性、そして経済性をデータセンターに提供します。 クラウディアンのグローバルデータファブリックアーキテクチャにより、単一の統合プラットフォーム内で、オンプレミスとパブリッククラウド両方のサイトにわたりオブジェクトとファイルデータをシームレスに保存、検索、保護することが可能となります。 詳しくはhttps://cloudian.com/jp/をご覧ください。   U.S. Media Contact Jordan Tewell 10Fold Communications cloudian@10fold.com +1 415-666-6066 EMEA Media Contact Will McCurdy Red Lorry Yellow Lorry cloudian@rlyl.com +44 (0) 20 7403 8878 Share This:

FlashArrayのデータセット保護戦略に、 クラウディアンは、オブジェクトストレージをPure StorageのPurity CloudSnapと統合します

Pure Technology Alliance パートナープログラムに参加 米国テキサス州オースティン2019年9月18日 – 本日Pure StorageのアニューアルユーザーコンファレンスPure // Accelerateにて、Cloudian®はHyperStore®オブジェクトストレージプラットフォームとPurity CloudSnap™の統合を発表し、PureのFlashArray環境に、限りなくスケーラブルで費用対効果の高いデータ保護ソリューションを提供します。  この共同ソリューションにより、FlashArrayとHyperStore間でのスナップショットデータの自動移行が可能になりました。そしてパブリッククラウドにも拡張可能なオンプレミスフラッシュと、オブジェクトストレージのパフォーマンスと経済的メリットを、両方得ることが可能になりました。 従来型ストレージの不足点を克服 データの継続的な成長と、戦略的価値の増大に伴い、従来のdisk-to-disk-to-tape方法での保護アーキテクチャでは、その複雑さと非効率性に苦労が伴うようになりました。フラッシュからオブジェクトへのストレージソリューションをPureで提供することにより、クラウディアンは、オンプレミスおよびパブリッククラウドを含む複数の場所に必要なパフォーマンス、容量、スケールを可能にさせ、より柔軟なバックアップ、アーカイブ、災害復旧(DR)オプションを提供します。 HyperStoreはアプライアンスまたはソフトウェアとしての利用が可能で、次のような利点があります。 モジュール式の無限のスケーラビリティで、小規模から始めながら無停止のままノードを追加し容量を拡張することが可能です。 地理的分散を、複数のデータセンターおよびハイブリッドクラウド環境全体でストレージを簡単に管理するため、すべて単一の画面から実行できます。 100%ネイティブなS3互換性により、成長するS3互換アプリケーションのエコシステムを活用できます。 マルチクラウドサポートで、ベンダーロックインを回避します。 リッチメタデータのタグ付け。Googleライクの検索およびAI /分析アプリケーションを容易にします。 最大70%のコスト削減。代替のディスクやテープベース製品よりコストを大幅に減らします。 CloudSnapは、S3 APIを介し、HyperStoreとシームレスにバックアップ、アーカイブ、またはDRターゲットとして接続し、HyperStoreとの間でのポータブルスナップショット移動など、ポリシーベースのインテリジェントで効率的なデータ転送を提供します。 Pure Storageのvice president, product managementであるJay Subramanian氏は、次のように述べています。 「Purity CloudSnapとクラウディアンのコラボレーションは、ストレージスナップショットをエクサバイト規模のキャパシティプラットフォームにオフロードすることにより、デジタル資産の価値を最大化するのに大変理想的です。」 「今日のワークロード拡大とビジネス需要増加の世界において、従来のストレージソリューションでは対応しきれません。」クラウディアンのsenior director of products and solutions, Sanjay Jagadは述べています。 「Pureとのパートナーシップにより、データを保存、保護、活用するためのはるかにシンプルで効率的な、そして費用対効果の高い基盤をお客様にお届けします。」 クラウディアンは、今週、Pure // Accelerate(ブース#212)にて、FlashArray環境向けの新しいソリューションをリリースします。追加情報はhttp://bit.ly/2kkozMiをご覧ください。 クラウディアン、Pure Technology Allianceパートナープログラムに参加 Pureとのコラボレーションにより、クラウディアンはPure Technology Alliance パートナープログラムのメンバーになりました。このプログラムは、主要なハードウェア、ソフトウェア、およびマルチクラウドベンダーが含まれており、迅速かつ信頼性の高いソリューションを提供し、デプロイメントリスクを軽減しながら、ビジネス価値を最大限引き出すことを可能にしています。 クラウディアンについて クラウディアンは、業界で最も高度なS3互換性と、広範なパートナーシップエコシステムを備えた、最も広く導入されているオブジェクトストレージシステムの独立プロバイダーです。 受賞歴のフラッグシップソリューションであるHyperStoreは、無限の拡張性とクラウドライクのテクノロジー、柔軟性、そして経済性をデータセンターに提供します。 クラウディアンのグローバルデータファブリックアーキテクチャにより、単一の統合プラットフォーム内で、オンプレミスとパブリッククラウド両方のサイトにわたりオブジェクトとファイルデータをシームレスに保存、検索、保護が可能となります。 詳しくはhttps://cloudian.com/jp/をご覧ください。   U.S. Media Contact Jordan Tewell 10Fold Communications cloudian@10fold.com +1 415-666-6066 EMEA Media Contact Will McCurdy Red Lorry Yellow Lorry cloudian@rlyl.com +44 (0) 20 7403 887 Share This:

クラウディアン、VMware Cloud Provider プラットフォーム向け オブジェクトストレージソリューションの一般提供を発表

ニュースハイライト 無限に拡張可能なネイティブS3互換ストレージで、新しい付加価値サービスの基盤を提供します Veeamとのパートナーシップにより、vCloud Director環境内でS3互換のデータ保護サービスが可能になります クラウディアン CMOの Jon Toorは、VMwareクラウドプロバイダー向けの新ソリューションを紹介するVMworld 2019のインダストリーパネルに登壇します 米国カリフォルニア州サンマテオ、2019年8月22日 ― Cloudian®は本日、VMware Cloud Provider向けの、完全ネイティブS3互換オブジェクトストレージobject storageソリューションの一般提供を発表しました。無限に拡張可能で費用対効果の高いソリューションは、VMware Cloud Providerプラットフォームの主要コンポーネントであるVMware vCloud Directorから直接管理することが可能です。 その結果、VMware Cloud Providerは、成長を続けるS3互換アプリケーションのエコシステムとシームレスに統合する、新たに強化された付加価値ストレージサービスが提供可能になります。 サービス内容は次のとおりです。 ストレージ・アズ・ア・サービス (STaaS) バックアップ・アズ・ア・サービス (BaaS) アーカイブ・アズ・ア・サービス(AaaS) DR(災害復旧) ・アズ・ア・サービス (DRaaS) ビッグデータ・アズ・ア・サービス(BDaaS) VMware Cloud Providerは、クラウディアンをストレージアプライアンスまたはソフトウェア定義のストレージとして、世界中のどこにでもデプロイが可能になります。いずれの場合も、vCloud Directorはストレージを管理し、必要に応じてすべて1か所で管理し、ワークフローのネイティブな自動化を提供します。 クラウディアンとVeeamで実現される、クラウド対応のデータ保護サービス クラウディアンは、新しいソリューションのメリットをVMware Cloud Providerに迅速に提供するために、Cloud Data Management™を有効化するバックアップソリューションのリーダー的存在であるVeeam®と提携し、プロバイダーがvCloud Director環境内でSTaaS、BaaSとその他データ保護サービスなどのS3互換サービスを提供可能にします。Veeam Backup&Replication™は、vCloud Director APIを使用しvAppとVMをバックアップし、vCloud Directorの階層に直接復元します。 VMware Cloud Providerは、vCloud Directorを介し、クラウディアンとVeeamを直接デプロイし、Veeam Cloud Tierをシームレスに活用できるようになります。 Veeam Cloud Tierは、ネイティブで費用対効果の高いオブジェクトストレージ統合により、長期的なデータ保持のために無制限の容量を提供します。クラウディアンは、 Veeam Ready プログラムの一環としてVeeam Ready Object distinctionに到達しました。このプログラムは、Veeam のアライアンスパートナープログラムのメンバーがVeeamの基準を満たすためのソリューションの認定とテストプロセスを提供します。 このVeeam Readyステータス達成は、ストレージ製品の最高レベルのテストと認定を意味するものです。 エクサバイトレベルのモジュール拡張性に加えて、このソリューションには、マルチテナントリソースプーリングと課金、サービス品質(QoS)コントロールなど、すぐに使える機能が含まれおり、収益の少ないロータッチのデータ保護サービスを展開するのに最適です。 「クラウドデータ管理ソリューションの主要イノベーターであるVeeamは、顧客がどこに存在するかに関係なく、仮想、物理、クラウドベースすべてのワークロードを簡単に保護できるようにします。」Veeamの、Vice President Global Alliances Architecture、Ken Ringdahl氏はこのように述べています。 「Veeam Backup&Replicationを使用すると、サービスプロバイダーは、クラウディアン とVMware vCloud Directorの、互換性のあるS3互換データ保護サービスを顧客に提供可能となり、VMwareのワークロードを簡単に移行および保護できます。そして、それらはすべて現在すでに使用されている実績あるVeeamソリューションに含まれています。」 「当社の継続的な優先事項の1つは、価値の高いソリューションを可能にすることにより、VMware Cloud Providersに新しい収益チャンスを創出することです。」VMwareのSenior Vice President of Product Development, Cloud Services, Ajay Patel氏はこう述べています。「エコシステムパートナーは、この取り組みにおいて重要な役割を果たしています。クラウディアンとVeeamが協力し、これらのクラウドプロバイダーがデータ保護ニーズ対応のための拡張プラットフォームを提供することに、期待を寄せています。」クラウディアンは、8月24日〜29日にサンフランシスコで開催されるVMworld 2019のVeeamブース(#627)にて、この共同提供を紹介します。 VMworldインダストリーパネル クラウディアンのChief Marketing OfficerであるJon Toorは、8月26日13:00-14:00(現地時間)、VMworldインダストリーパネルindustry panelにて、VMwareクラウドプロバイダー向けの新しいオブジェクトストレージソリューションについて話します。 このパネルディスカッションでは、VMwareがプロバイダーに提供するハイパースケールクラスのサービス機能の継続的な強化と、クラウディアンなどのvCloud Directorエコシステムパートナーとのコラボレーションに焦点を当てます。Toorに加え、VMwareのエグゼクティブや、クラウディアンとVMwareの共同顧客であるphoenixNAPも登壇します。 クラウディアンについて クラウディアンは、業界で最も高度なS3互換性と、広範なパートナーシップエコシステムを備えた、最も広く導入されているオブジェクトストレージシステムの独立プロバイダーです。 受賞歴のフラッグシップソリューションであるHyperStoreは、無限の拡張性とクラウドライクのテクノロジー、柔軟性、そして経済性をデータセンターに提供します。 クラウディアンのグローバルデータファブリックアーキテクチャにより、単一の統合プラットフォーム内で、オンプレミスとパブリッククラウド両方のサイトにわたりオブジェクトとファイルデータをシームレスに保存、検索、保護が可能となります。 詳しくはhttps://cloudian.com/jp/をご覧ください。   U.S. Media Contact Jordan Tewell 10Fold Communications cloudian@10fold.com 415-666-6066 EMEA Media Contact Will McCurdy Red Lorry Yellow Lorry cloudian@rlyl.com +44 (0) … Read More

Seagate Technologyと連携、超高密度エクサバイト規模・プライベートクラウド ストレージをStorage-as-a-Serviceより低コストで提供

この新しいスケールアウトストレージシステムは、ストレージ密度最大83%増(競合比)で 最新のシステム革新への迅速な顧客アクセスを提供 米国カリフォルニア州サンマテオ、2019年6月25日 – Cloudian®は本日、業界をリードするストレージ密度を提供するSeagate Technologyとの共同ソリューションを発表しました。数ペタバイトから1エクサバイトの容量ニーズを持つプライベートクラウドインフラストラクチャのスケーラビリティと経済性を提供します。この新しいソリューション、Cloudian HyperStore®Xtreme, Powered by Seagateは、クラウディアンの完全S3互換のオブジェクトストレージソフトウェアobject storageとSeagateの最新の高密度ストレージシステムを組み合わせることで、Storage-as-a-Serviceオプションと比べ総所有コストが最大70%削減されます。 プライベートクラウドで「超大容量」にベストなストレージソリューションを提供 IDC社(1)の調査によると、プライベートクラウドは現在、ITハードウェアインフラストラクチャの中で最も急成長している分野であり、2018年から2023年の間に58%の増加が見込まれています。それに比べ、パブリッククラウドの支出は48%増加、従来型のIT支出は4%減少しています。 プライベートクラウド採用の主な業種には、ヘルスケア、科学研究、監視、人工知能/機械学習、メディアおよびエンターテインメントなどの大規模なストレージニーズを持つ企業組織が挙げられます。 数十ペタバイトに達する可能性がある容量集約型のワークロードでは、大規模データセットの管理と保護において独自の課題に直面しています。 Storage-as-a-Serviceがスケーラビリティと柔軟性を提供する一方で、「超大容量」の実状は、データにアクセスするためのコストと時間の両面が重大な関心事になりつつあります。 同様に、従来のストレージソリューションでは、コスト、信頼性、タイムリーなデータアクセスの問題が山積しています。 それとは対照的に、プライベートクラウドインフラストラクチャは、オンプレミスストレージのパフォーマンス、アクセス、セキュリティ、および制御面の利点とともに、Storage-as-a-Serviceとしてのストレージ規模と柔軟性のベネフィットを提供します。 註釈([1] )IDC 「 Worldwide Quarterly Cloud IT Infrastructure Q4 2018 Tracker」 2019年3月 Cloudian HyperStore Xtreme:大規模プライベートクラウドに最適 この新しいソリューションは、クラウディアンのソフトウェアとSeagateの高密度ストレージプラットフォームの組み合わせで、大規模なプライベートクラウド構築に無限のスケーラビリティ、リアルタイムのデータアクセス、そして画期的な経済性を提供します。 機能とベネフィットは次のとおりです。 高さ4U筐体に5PB以上、単一データセンターラックに最大18PBのストレージを提供します。競合のシステムよりも83%高い密度を提供し、データセンターのスペースを大幅に節約できます。 1か月あたりのGB単価コストは5セント未満、Storage-as-a-Serviceと比べて最大70%のコスト削減が可能です。 ソリューションの規模が拡大するにつれてコスト効率が向上。容量が大きくなるにつれてストレージの単位あたりのコストが高くなる従来のストレージシステムとは全く対照的です。 中断することなくエクサバイトの容量まで拡張、すべてのストレージを1プールとして表示しながら、複数の場所にまたがることが可能です。 業界で最も互換性のあるS3オブジェクトストレージ、急速に拡大するS3ベースのアプリケーションとクラウドソリューションのエコシステムと相互運用性が証明されています。 さらに、クラウディアンとSeagateの大きな強みとして、システムライフにわたる長期継続的なコスト削減と、イノベーションへのより迅速なアクセスを顧客に提供します。 Seagateの並行設計プロセスにより、すべてのコンポーネントがSeagateによって設計され、コンポーネントとシステムの統合が促進されます。そして、クラウディアン顧客は競合他社のシリアルプロセスよりも少なくとも6ヶ月早く、新システムテクノロジのイノベーションに投資が可能となります。 クラウディアンのソフトウェアディファインドテクノロジーにより、すべての顧客がSeagateの最先端のコストパフォーマンステクノロジから直ちに利益を得ることが可能となりました。これは、以前はほんの一握りのハイパースケールのストレージユーザーのみが可能だったことです。 Cloudian HyperStore Xtremeソリューションは、来月よりクラウディアンとリセラーから提供開始となります。 詳細:http://bit.ly/305t7X7_Xtreme Seagateブログ:http://bit.ly/2MwEG6G_SBlog コメント引用 「クラウディアンとのパートナーシップは、大規模なデータ管理の経済的オプションをお客様にご用意することが、優先的事項であることを意味しています」 Seagateのvice president and general manager, enterprise data solutionsのKen Claffey氏はこのように述べています。 「S3 APIがクラウドストレージの事実上の標準となった今、大規模企業がプライベートクラウドの潜在能力を最大限に引き出すために、求められているスケーラビリティとコスト面でのメリットを同時に実現し、協力して取り組む絶好の機会だと捉えています。」 「現代の大規模企業の膨大なデータ需要を考えると、ストレージインフラストラクチャ設計を再考し、まったく新しいレベルのスケーラビリティを目標にする時が来ました」 ESGのsenior analyst, Scott Sinclair氏は述べました。 「従来のシステムでプライベートクラウドを構築するのは最善策とは言えません。データが増大するにつれて最終的にコストが引き上がり、最大の価値を得るためのデータ活用能力を制限します。 クラウディアンのオブジェクトストレージソフトウェアとSeagateのシステム設計という専門的知識の組み合わせは、顧客が新しいデータ中心の機会を利用可能にすると共に、コストセービングをもたらします。これはまさにイノベーションと言えるでしょう。」 「密度、性能、そしてエンドツーエンドの統合におけるSeagateの数十年にわたるリーダーシップは、デジタル変換時代成功の基盤となりました。」クラウディアンのchief marketing officerであるJon Toorは、次のように述べています。 「今後10年間でデータインテリジェンスがあらゆる業界を変革していく中で、企業顧客は、柔軟性と、より低いTCOをより早く提供するための、無限にスケーラブルなストレージシステムに期待を寄せています。 クラウディアンとSeagateアライアンスは、業界をリードする2つのテクノロジを組み合わせ、最高のマルチクラウド統合、拡張性と高い経済性、そして充実したメタデータ有効活用ソリューションを提供します。そして顧客は、長期的成功のためにデジタル資産の価値を最大限に引き出すことができるのです。」 クラウディアンについて クラウディアンは、業界で最も高度なS3互換性と広範なパートナーシップエコシステムを備え、オブジェクトストレージシステムを、世界で最も広くデプロイされている独立系プロバイダーです。 受賞歴のあるフラッグシップソリューションであるHyperStoreは、データセンターで無限の拡張性とクラウドライクな技術、柔軟性、そして経済性を提供します。 クラウディアンのグローバルデータファブリックアーキテクチャにより、企業組織はオンプレミスとパブリッククラウドの両方にわたり、オブジェクトとファイルのデータを単一の統合プラットフォーム内でシームレスに保存、検索、保護することが可能となります。 詳しくはhttps://cloudian.com/jp/をご覧ください。 Share This:

クラウディアン、
VMware Cloud Providerプラットフォーム対応の
新オブジェクトストレージソリューションを発表

この新ソリューションにより、VMware Cloud Providerは、 100%ネイティブS3互換ストレージに基づく新しい付加価値サービスが提供可能 米国カリフォルニア州サンマテオ、2019年6月18日 –  クラウディアンは本日、VMware Cloud Provider プラットフォームの主要コンポーネントであるVMware vCloud Directorから直接管理可能なVMware Cloud Provider対応の100%ネイティブS3互換オブジェクトストレージソリューション(object storage)を発表しました。このクラウディアンのソリューションにより、VMware Cloud Providerは、拡張性が高く優れた費用対効果で、機能豊富なストレージ基盤を無制限にて提供可能となります。また、付加価値サービスも新しく強化されました。 その結果、急速に成長するS3互換アプリケーションのエコシステム活用で、容量集約型のデータ保護、管理、および分析が実現可能となります。 パブリッククラウドのインフラストラクチャ・アズ・ア・サービス(IaaS)市場では、IDC社の統計によると、クラウドストレージサービスの収益は2019年には200億ドルに達し、2022年にはその2倍以上の440億ドルに達すると予測しています。(1) 同時にS3 APIは、クラウドストレージにおける事実上の標準であり、ますます増加するハイブリッドクラウドが優位な世界において、オンプレミスとクラウドストレージ統合の共通言語であると言えるでしょう。独立型クラウドプロバイダーは、その専門性、マルチソースの柔軟性、地理的多様性を活用し、この市場におけるチャンスを最大限に活用するのに大変適しています。 S3 API完全互換性に加え、クラウディアンは小規模から始めながら、中断なく1エクサバイトまで柔軟に拡張する機能を提供します。クラウディアンのその他の主な機能には、マルチテナント機能、課金やサービス品質管理などの統合管理ツール、データの暗号化、セキュリティとコンプライアンスのためのWORM(Write Once, Read Many)および複数のデータセンターにまたがってストレージ管理を容易にするための地理的分散機能があります。 vCloud Director対応のクラウディアンオブジェクトストレージ利用で、VMware Cloud Providerはクラウディアンのテクノロジーソリューションのパートナーシップとベネフィットが活用できるようになります。そして、下記のような高付加価値サービスが提供可能になります。 ストレージ・アズ・ア・サービス(STaaS) バックアップ・アズ・ア・サービス(BaaS) アーカイブ・アズ・ア・サービス(AaaS) デザスタリカバリ・アズ・ア・サービス(DRaaS) ビッグデータ・アズ・ア・サービス(BDaaS) コンテナ・アズ・ア・サービス(CaaS) ソフトウェア開発 註釈1 IDC「Worldwide Public Cloud Infrastructure as a Service Forecast 2018–2022」文書番号US44232218, 2018年8月 VMware Cloud Providerは、クラウディアンをストレージアプライアンスまたはソフトウェア定義のストレージとして、世界中のどこにでもデプロイが可能です。 どちらの場合でも、vCloud Directorは、必要に応じて単一の場所から全てのストレージを管理し、ワークフローをネイティブに自動化します。 vCloud Director対応のクラウディアン オブジェクトストレージは、2019年7月に提供開始予定です。VMware Cloud Providerの詳細についてはこちらをご覧ください。https://cloudian.com/vmware/ コメント引用 「VMware Cloud Providerは、クラウドジャーニーで、お客様に信頼されるアドバイザー的存在です。VMware vCloud Directorは、お客様やパートナーのデジタル変革を支えるため、ユビキタスなデジタル基盤の実現に向け、オープンで拡張可能なアーキテクチャを提供します。」VMwareのcloud provider software business unit, product management, vice president, Rajeev Bhardwaj氏はこう述べました。「vCloud Director対応のクラウディアン オブジェクトストレージは、当社のパートナーがマネージサービスのチャンスを捉えるため、基本的なインフラストラクチャ・アズ・ア・サービスだけではなく、企業顧客との関係拡大にも大変役立つことでしょう。」 「成長するエコシステムとストレージテクノロジー両方の優れた経済性を利用するため、当社の顧客からもS3互換ストレージがますます求められています。」phoenixNAPのexecutive vice president of products, William Bell氏はこう付け加えました。 「すべてのストレージを統合し、私たちが提供する優れた価値とサービスがさらに強化され、vCloud Director管理環境内にて、クラウディアンの実績あるS3ベースのソリューションベネフィットが提供可能となりました。」 「我々のクライアントにとってクラウドとは、今やそれ自体が戦略的な目標ではありません。クラウドベースのデータ分析を通じてデータを収益化したり、グローバルなコラボレーションの中でデータフローを管理保護したり、急成長を遂げる準備をしているかどうか、本当に必要な戦略的目的を達成するための大切な手段なのです。」 Calligoの創設者 兼 CEO Julian Box氏は、このように述べています。「クラウディアン とVMwareを組み合わせたソリューションにより、将来を見越したデータ最適化をサポートし、革新的なテクノロジーの早期採用に必要な、高度にスケーラブルで費用効果の高いストレージプラットフォームの提供が可能となりました。急速に変化するクラウドの世界でさらなる大きな価値を提供することに、期待を膨らませています。」 クラウディアンのCEO, Michael Tsoは、次のように述べました。「VMwareを基盤とするクラウドは、4,000を超えるクラウドプロバイダーのネットワークを通じ、約15万の企業顧客にサービスを提供しています。」「本日発表されたソリューションを通じ、クラウディアンとVMwareは、進化するプロバイダーと顧客のストレージニーズを満たすことに大いに貢献します。 パブリックおよびプライベートクラウドストレージの事実上の標準、S3互換オブジェクトストレージにおけるクラウディアンのリーダーシップ、そして無限のスケーラビリティ、マルチテナンシー、地理的分散、および柔軟なデータセキュリティとライフサイクル管理ツールなどの、当社のテクノロジーが提供する多くの利点、そしてS3 API強化の意義を今回の発表を通して改めて実感しています。」 クラウディアンについて クラウディアンは、業界で最も高度なS3互換性と広範なパートナーシップエコシステムを備え、オブジェクトストレージシステムを、世界で最も広く採用されている独立系プロバイダーです。 受賞歴のあるフラッグシップソリューションであるHyperStoreは、データセンターで無限の拡張性とクラウドライクな技術、柔軟性、そして経済性を提供します。 クラウディアンのグローバルデータファブリックアーキテクチャにより、企業組織はオンプレミスとパブリッククラウドの両方のサイトにわたり、オブジェクトとファイルのデータを単一の統合プラットフォーム内でシームレスに保存、検索、保護することが可能となります。 詳しくはhttps://www.cloudian.com/jp/をご覧ください。   ■お問合せ先 クラウディアン株式会社 担当: マーケティング部 安田 Email: info@cloudian.com 所在地: 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2‐11‐6 ラウンドクロス渋谷6F TEL: 03-6418-6466   Share This:

クラウディアン Hortonworksエグゼクティブ出身のブライアン・バーンズを アジアパシフィック副社長に任命

この新人事は、より広範囲にわたるアジアパシフィック地域のお客様に、限りなくスケーラブルなオブジェクトストレージの利点を提供していく、当社の理念を反映したものです 2019年5月 21日、米国カリフォルニア州サンマテオ – オブジェクトストレージシステムobject storage を、最も広範囲でデプロイされている、独立系プロバイダークラウディアンは本日、アジアパシフィックVPにブライアン・バーンズが就任したことを発表しました。 東京を拠点とするバーンズは、20年以上にわたり大手IT企業にて、アジア太平洋地域の営業、市場参入、および戦略的リレーションシップにおいて、豊富なエグゼクティブの経験を有します。 彼はこの新しいポジションで、この地域におけるクラウディアンの存在感をさらに拡大させると共に、オンプレミス、ハイブリッドクラウド、マルチクラウドの環境全体において、 増え続ける莫大なデータ量の管理・保護の課題克服へのサポートに取り組んでまいります。 豊富で奥深いアジアパシフィック地域でのビジネス経験 日本語と中国語に堪能なバーンズは、前職に、HashiCorpの北アジア担当ゼネラルマネージャー、そしてHortonworksにて北アジア担当VPを務めました。 HashiCorpとHortonworksにおいて、バーンズは、日本、中国、韓国、シンガポールでの営業、サポート、およびチャネルプログラムを含むビジネスを、ゼロから構築することに大きく貢献しました。 またその他の経歴には、マイクロソフトとアップルにてアジア地域でのキャリアもあり、 このような実績に加え、バーンズは現在、ニューヨーク大学のデータ分析の助教授の肩書きも持ちあわせます。 「アジアパシフィック地域でのビジネスは、さまざまな文化、言語、ソリューションエコシステム、そして顧客の期待値などの理由により、非常に困難を極めています。」 クラウディアンのCEO、Michael Tsoは述べました。 「ブライアンのアジアパシフィックにおける豊富な経験と実績は、米国やヨーロッパを超える成長を後押しし、クラウディアンの無限のスケーラビリティ、業界トップのS3互換性、シームレスなオンプレミスとマルチクラウド統合の恩恵を、より多くのユーザーに提供することになるでしょう。」 クラウディアンのアジアパシフィック地域におけるルーツ基盤 クラウディアンが、日本のモバイルインターネットのパイオニア、太田洋によって共同設立された2011年以来、当社はアジアと強い関係を築いて来ました。 Innovation Network Corporation of Japan(INCJ)は初期に出資、昨年8月にはアジアの大手企業を含む企業により、9,400万ドル(約104億円)のシリーズE資金調達を実施しました。アジア内のシリーズEの支援企業には、新規投資家のNTT・ドコモベンチャーズ、JPインベストメントおよびデジタルガレージ、ならびに既存投資家であるINCJ、レノボが含まれます。 現在のサービス基盤には、金融サービス、電気通信、ヘルスケア、製造、政府、そしてメディアとエンターテイメント業界など多岐にわたり、この地域の顧客には、NTT(クラウディアンの最初の顧客)、Continental Automotive of Singapore(東南アジアで急成長中のテレビ局)、および国立保健機関などが挙げられます。 「今から約8年前、クラウディアンはS3 APIが業界の標準になると予測し、世界初そして最高水準のネイティブS3互換オンプレミスオブジェクトストレージ製品を構築するという戦略的決定を下しました」とバーンズは述べました。「クラウディアン HyperStore®は現在、世界で最も広く導入されている独立したオブジェクトストレージです。 先々を見据えた管理機能と優れた技術力、そして並外れた企業風土を持ちあわせた素晴らしいクラウディアンを、アジア太平洋地域の顧客に紹介していくことに、胸を膨らませると共に、大きな使命を感じております」 クラウディアンについて クラウディアンは、業界で最も高度なS3互換性と、広範なパートナーシップエコシステムを備えた、オブジェクトストレージシステムを最も広域にデプロイしている独立系プロバイダーです。 受賞歴があるフラッグシップソリューションのHyperStoreは、データセンターとして、無限の拡張性とクラウドライクの技術、柔軟性、そして経済性を提供します。 クラウディアンのグローバルデータファブリックアーキテクチャにより、企業はオンプレミスとパブリッククラウドの両方のサイトにわたって、オブジェクトとファイルのデータを、単一の統合プラットフォーム内でシームレスに保存、検索、保護することが可能となります。 詳しくはwww.cloudian.com/jp/をご覧ください。   メディア お問合せ先 クラウディアン株式会社 担当 : マーケティング部 安田 Email : info@cloudian.com 所在地: 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2‐11‐6 ラウンドクロス渋谷6F TEL  : 03-6418-6466 Share This:

-クラウディアン 「最も広く使われる独立型オブジェクトストレージプロバイダー」として成長と勢いを増し事業年度をクローズしました

ハイブリッドクラウドおよびマルチクラウド業界でさらなる成功へ導く新製品の革新、 世界規模のパートナーシップ、資金調達に加え、80%の顧客拡大へ。 カリフォルニア州サンマテオ、2019年3月6日 クラウディアンは、2019年1月31日に会計年度をクローズし、2018年度の継続的な成長と勢いを示しました。4年連続で過去最高の売上を達成し、顧客基盤を80%拡大しました。 同社は現在300社以上の顧客を抱えており、オブジェクトストレージソリューション業界で最も広く採用されている独立系プロバイダの位置付けを確立。 クラウディアンは第4半期のみでも250 PBのアプライアンスを出荷。これは前年比で6倍の増加となりました。 これらの数字は、ハイブリッドクラウドおよびマルチクラウド環境でのデータ管理・保護を担うクラウディアンの主導的役割をさらに証明するものとなりました。 その他の年間ハイライト: •Google Cloud Platform(GCP)対応のCloudian HyperStoreテストドライブを発表。HyperStore Test Drive on Google Cloud Platform 既存のGCP, AWSおよびAzureのマルチクラウド上に構築可能です。 •9000万ドルの新規投資(シリーズE)を受けました。これはオブジェクトストレージ業界において史上最大規模であり、クラウディアンの総資金は1億7,300万ドルに達しました。 •HyperStore 7を発表。先日Storage magazine誌のSoftware-defined and Cloud Storage部門で年間最優秀製品に選ばれました。 •Infinity Storageの買収後の迅速な統合により、HyperFileの発売、ファイルシステムのエンジニアリングおよびサポートチームの倍増し、25%の新規顧客によるHyperFileの導入実績を実現しました。 •S3-API対応ソリューションの需要が高まると共に、パートバーシップ提携も新たに強化されました。Cisco, HPE, Hyland, Milestone, NVIDIA, Pure Storage, Quantum, Rubrik, Telestream ,Veeam,社などが挙げられます。 •お客様の導入成功事例は、金融、サービス、ヘルスケア、ライフサイエンス、ビッグデータ、IoT、ビデオ監視、メディアおよびエンターテイメントなど多種業界にわたります。 •新規リセラーパートナーを140社獲得、CDWやWorld Wide Technologyを含む世界中のパートナー数は合計350社以上におよびます。 クラウディアンのCEOであるMichael Tsoは次のように述べています。「オブジェクトストレージだけが、増大するデータ量を管理しその価値を最大化するために企業が必要とする大規模なスケーラビリティ、地理分散、メタデータ検索機能を提供できます。」 「クラウディアン製品は、クラウドストレージの事実上の標準であるS3プロトコルと完全に互換性を持ち、1から設計された唯一のオブジェクトストレージプラットフォームです。 これは、弊社を業界での成功に導いた主な理由です。」 IDCの調査によると、72%のIT業界管理職が、今後2年間でプライベートクラウドとハイブリッドクラウドを含む複数のクラウドタイプを導入し、ストレージ環境におけるセキュリティの向上と、パフォーマンス、コストの合理化を検討しています。 「今後は、さらに勢いを増して邁進するつもりです」とMichael Tsoは続けます。「ハイブリッドクラウド採用の拡大と、オンプレミス環境およびパブリッククラウド環境でお客様のデジタル資産をシームレスに管理、保護するため、独自の機能を活用して行きます」 クラウディアンについて クラウディアンは、お客様が組織全体そして世界中でデータを保存・検索・保護するためのハイパースケールデータファブリックによって、情報を洞察的に変換します。 クラウディアンのデータ管理ソリューションは、妥協ないデータの耐久性、直感的な管理ツール、および業界で最も互換性のあるS3 APIを使用し、高度なクラウドテクノロジーと経済性をデータセンターにもたらします。 クラウディアンとそのエコシステムパートナーは、グローバル1000のお客様の今日の非構造化データ管理を簡素化に役立ちます。そして一方で明日のAIと機械学習のデータ需要に備えます。 詳しくはwww.cloudian.comをご覧ください。 Media Contacts Jordan Tewell
10Fold Communications
cloudian@10fold.com
415-666-6066 Bemi Idowu
Red Lorry Yellow Lorry cloudian@rlyl.com Share This:

「カレイダ アーク」と連携し、4k8k時代の大量メディア資産のオンライン管理が簡単に

クラウディアンは、映像、音楽、写真、デザインデータなどのメディア資産を、テラバイトからペタバイト超級データまで、経済的に、信頼性高く管理保存できる同社オブジェクトストレージ製品『CLOUDIAN HYPERSTOREと、メモリーテック株式会社 が、この度発売のファイル管理システムの新製品『カレイダ アーク』との相互接続性を公式認定しました。