ビッグデータストレージが解決

ビッグデータ分析から得られるインサイトは、データ量が多ければ多いほど、より良い結果が得られます。しかし、ストレージ容量が大きくなるにつれ、コスト、拡張性、データ保護などの課題も大きくなります。情報からインサイトを得るには、シンプルで信頼性が高く、お客様が利用するツールとの互換性がある、経済的でスケーラブルなストレージが必要です。

ビッグデータソリューションで実証済

CLOUDIAN HYPERSTOREオブジェクトストレージは、Cloudera、Hortonworks、Amazon EMR等の既存HDFSを置換・増強する、コスト効率の高い、ペタバイト級にスケールできるストレージとして利用できます。HYPERSTOREは、経費と投資を削減しながら、データ分析をシンプルにします。HYPERSTOREは、HadoopとSparkのデータを格納するHDFSと同じように使いながらも、大規模環境のなかで計算処理とストレージを独立させながらスケールできます。HYPESTOREを使えば、4KBから数TBまでのサイズのブロックを効率的に保存し、イレジャーコーディングと圧縮機能で設置場所を節約できます。TLSで送信中データを保護し、SSEとSSE-C暗号化機能が保管データを保護します。

ベネフィット

  • Hortonworks認定
  • ストレージと独立して計算処理リソースを拡張
  • 最小ブロックサイズ要件無し
  • イレジャーコーディングでストレージ設置面積を節約
  • HDFSに似た複製(レプリケーション)で性能向上
  • フォーマット変更なしにバックエンドでデータ圧縮
  • 複数サイト間レプリケーションによるデータ保護と同期共有

NEXT STEPS

IDC ホワイトペーパー

データ活用基盤への変革:ビジネス価値を創出するストレージプラットフォームへの進化

ソリューション資料

新たな映像監視で費用削減と安全性向上を 目指す、 カリフォルニア州モンテベロ市の 市営バス

ニュース

本格化する企業のデータ活用 AI時代のデータ分析に必要な武器とは?

CLOUDIANに関するお問い合わせ

クラウディアンの担当者にご相談ください