無限のスケーラビリティ

Think Big

HYPERSTOREストレージは無制限に容量拡張

グローバルデータストレージネットワーク

Span the Globe

全拠点の容量を統合管理

クラウドストレージ

The Sky's the Limit

クラウドとオンプレミスを統合

ワンクリックで管理できる容量制限のないストレージ

CLOUDIAN HYPERSTOREは、容量制限なしにデータを保存し管理できるオブジェクトストレージ製品です。単一のデータセンター内に留まらず、広域の複数拠点を統合し、ワンクリックで管理できるシンプルなデータマネジメントを可能にします。より多くの費用を節約しながら、より多くの価値をデータから引き出すことができます。製品の詳細はこちらをご覧ください。

cloudian appliance

“エクサバイト”スケール

組織全体のデータを、単一の”エクサバイト”スケールのストレージに統合します。CLOUDIAN HYPERSTOREはモジュラー構造であり簡単に拡張できます。容量が必要な場所にノードを追加するだけで、容量と地理的な範囲を拡大。同時に、ピア・ツー・ピア、シェアード・ナッシング・アーキテクチャーであり、性能も向上します。業界最先端のS3 API互換性とファイルサポートを備えており、あらゆるデータ集約型ワークロードに対して、オンデマンドでデータ容量を提供できます。

クラウド連携

CLOUDIAN HYPERSTOREは、オンプレミスストレージ、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、またはマルチクラウドのストレージを統合できます。AWS、Azure、GCPのとシームレスに連携し、統合ツールを使用し、データを複製または連携させ移行します。 災害復旧、容量拡張、クラウド内のデータアーカイブのいずれの目的であれ、オンプレミスとクラウドストレージの連携が容易です。 単一の管理環境内で、パフォーマンス、コスト、セキュリティを最適化します。

広域分散

CLOUDIAN HYPERSTOREは、データセンター、DRサイト、または遠隔拠点の必要な場所にデータ容量を配置し、単一クラスタとして制御します。どこの場所からでもデータを保存、検索、保護できます。 アプライアンスとして、ソフトウェア定義ストレージとして、または仮想マシンにもデプロイできます。 1つの画面から、ポリシーベースのツールを使用して、クラスタ全体のデータを管理、移行、複製操作ができます。

主なユースケース

強化されたランサムウェアの保護を実現する、Veeamと共同ソリューションを発表

オンプレミスのS3 オブジェクトロック機能と米国政府認証のデータ不変性を備え、 攻撃が発生した場合には確実な復元を実現させます 米国カリフォルニア州サンマテオ2020年2月19日 – Cloudian®は本日、HyperStore®オブジェクトストレージと、エンド・ツー・エンドのオンプレミスバックアップアーキテクチャ内でランサムウェア保護(ransomware protection)を提供する新しいVeeam Availability Suite v10 (NEW Veeam Availability Suite v10)をベースとする新ソリューションを発表しました。 Cloudian-VeeamソリューションはS3 オブジェクトロック機能をサポートし、顧客はバックアップデータコピーのブロックが可能となり、ハッカーの暗号化や削除を防止することができます。 このデータの不変性(米国政府の認証テストで検証済み)は、ランサムウェア攻撃が発生した場合に信頼性の高い復旧を実現するために、感染していないコピーの可用性を確保します。 増え続けるランサムウェアの脅威 FBI(米国連邦捜査局)によると、ランサムウェアは最も急成長しているマルウェアの脅威であり、毎日平均4,000件のランサムウェアインシデントが発生しています。 この数値は2015年から300%増加しており、世界経済フォーラムWorld Economic Forumがサイバー攻撃を世界のトップ5のリスクの1つとして特定した理由が明白です。 フィッシングの被害を被らないように従業員をトレーニングしたり、マルウェア対策ソフトウェアをインストールしたり、典型的なランサムウェア防止の取り組みは、残念ながらいまだ不十分と言えるでしょう。 Cloudian-Veeam オブジェクトロックソリューション CloudianとVeeamの両方がS3 オブジェクトロック機能をサポートします。新しい統合ソリューションにより、お客様はランサムウェアの暗号化からバックアップコピーを保護し、攻撃が発生した場合、クリーンなバックアップ復元が可能になります。 さらに、このソリューションは以下を含む包括的なデータ保護のベネフィットを提供します。 高度なセキュリティ機能 : セキュアシェル、統合ファイアウォール、RBAC/IAMアクセス制御、サーバー側保存データのAES-256暗号化、送信データのSSL暗号化、および米国国防総省とSEC規則17a-4(f)セキュリティ要件によってHyperStoreは認定を受けました。 迅速な復元 : バックアップコピーはオンプレミスのディスクベースのオブジェクトストレージターゲットに保存されるため、パブリッククラウドサービスより、はるかに迅速な復元が可能です。 モジュラーで無限のスケーラビリティ : 小規模で始めながら、中断することなく拡張が可能です。 地理的分散 : 複数のデータセンターおよびハイブリッドクラウド環境全体でストレージを簡単に管理し、1つの画面から管理が可能です。 パブリッククラウドレプリケーション: 災害復旧(DR)用のパブリッククラウドレプリケーション。 70%のコスト削減 : 従来のディスクおよびテープベース製品に比べ、最大70%のコスト削減。 このCloudian-Veeamソリューションは、ransomware protection-as-a-service(ランサムウェア保護・アズ・ア・サービス)としたプラットフォームとしても機能します。VMware Cloud Providerの場合は、VMware vCloud Directorを介してシングルポイント管理を提供します。 「この新しいCloudian-Veeamソリューションは、進化する脅威に直面しているお客様のデジタル資産を保護するための継続的なコラボレーションを反映しています」 Veeam のCTO 兼  senior vice president, product strategyのDanny Allan氏はこう述べました。 「ランサムウェア攻撃の防止はますます困難になっているため、攻撃から迅速かつ簡単に回復することに焦点を当てています。新しいVeeam Availability Suite v10のオンプレミスS3 オブジェクトロック機能は、みなさまに“安心”もお届けします。」 「ランサムウェアの脅威が高まる中、データ保護製品にはデータの不変性が強く求められていました。」と、 Evros Technology GroupのOperations ManagerであるDanny McEntee氏は述べています。 「Veeamの長年のサービスプロバイダーとして、Cloudianの新しいオブジェクトロックソリューションに大変期待しています。これにより、強化されたランサムウェアおよびマルウェア保護をお客様に提供できるようになります。」 CloudianとVeeamの企業データ保護が、実際どのように役立つかの詳細は以下をご覧ください。 Cloudian-Veeam動画はこちらからご覧くださいhttp://bit.ly/2V1S3hX 現地時間2月25日(登録サイトhttp://bit.ly/38GoPZU)と3月5日(登録サイトhttp://bit.ly/2V2G7g0)にCloudian-Veeamウェビナーを予定しています。ぜひご視聴ください。 ランサムウェアとの戦いに焦点を当てたCloudianのWebもご覧ください。http://bit.ly/3bIK2EF Cloudianについて クラウディアンは、業界で最も高度なS3互換性と、広範なパートナーシップエコシステムを備えた、最も広く導入されているオブジェクトストレージシステムの独立プロバイダーです。 受賞歴のあるフラッグシップソリューションであるHyperStoreは、無限の拡張性とクラウドライクのテクノロジー、柔軟性、そして経済性をデータセンターに提供します。 クラウディアンのグローバルデータファブリックアーキテクチャにより、単一の統合プラットフォーム内で、オンプレミスとパブリッククラウド両方のサイトにわたりオブジェクトとファイルデータをシームレスに保存、検索、保護することが可能となります。 詳しくはhttps://cloudian.com/jp/をご覧ください。   U.S. Media Contact Jordan Tewell 10Fold Communications cloudian@10fold.com +1 415-666-6066 EMEA Media Contact Will McCurdy Red Lorry Yellow Lorry cloudian@rlyl.com +44 (0) 20 7403 8878 Share This:

Intelligent CIO記事「クラウディアン、お客様のGDPR対応をサポート」

Intelligent CIO 欧州版に、クラウディアンのお客様であるCalligo社が紹介するCLOUDIAN HYPERSTOREを採用したGDPR対応についてのカバーストーリーが掲載されています。本記事では、クラウディアンについて以下のように紹介いただきました。「スムーズな相互運用性と他のクラウドサービスとの統合を確実にするため、CLOUDIAN HYPERSTOREのS3互換性は非常に重要でした。他のS3ベースの製品をレビューしましたが、HYPERSTOREはサービスの追加実装をスピードアップすることができるという点で最高評価でした」

宮崎県のご当地クラウド「MDクラウドひなた」を支える「CLOUDIAN HYPERSTORE」

移り変わるビジネス環境とクラウドサービスへの期待 宮崎県宮崎市を本拠地とする宮崎電子機器は、UMKテレビ宮崎グループにおけるOA事業会社として1983年に設立。富士ゼロックスの特約店として複合機やプリンタなどのOA機器のほか、PCやサーバー、NAS、ネットワークといったIT機器を提供している。さらに、多くのベンダーソフトウェアの販売やソリューションサービスを提供するとともに、オフィスの業務改善提案から導入・サポートまでを一貫して行うワンストップサービスも展開している。国内外問わずオフィスに必要な機器やサービスを「的確に提案し、迅速な保守対応を行ってくれる」と評判で、県内企業のサポート役として信頼を勝ち得ている。