無限のスケーラビリティ

Think Big

HYPERSTOREストレージは無制限に容量拡張

グローバルデータストレージネットワーク

Span the Globe

全拠点の容量を統合管理

クラウドストレージ

The Sky's the Limit

クラウドとオンプレミスを統合

ワンクリックで管理できる容量制限のないストレージ

CLOUDIAN HYPERSTOREは、容量制限なしにデータを保存し管理できるオブジェクトストレージ製品です。単一のデータセンター内に留まらず、広域の複数拠点を統合し、ワンクリックで管理できるシンプルなデータマネジメントを可能にします。より多くの費用を節約しながら、より多くの価値をデータから引き出すことができます。製品の詳細はこちらをご覧ください。

cloudian appliance

“エクサバイト”スケール

組織全体のデータを、単一の”エクサバイト”スケールのストレージに統合します。CLOUDIAN HYPERSTOREはモジュラー構造であり簡単に拡張できます。容量が必要な場所にノードを追加するだけで、容量と地理的な範囲を拡大。同時に、ピア・ツー・ピア、シェアード・ナッシング・アーキテクチャーであり、性能も向上します。業界最先端のS3 API互換性とファイルサポートを備えており、あらゆるデータ集約型ワークロードに対して、オンデマンドでデータ容量を提供できます。

クラウド連携

CLOUDIAN HYPERSTOREは、オンプレミスストレージ、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、またはマルチクラウドのストレージを統合できます。AWS、Azure、GCPのとシームレスに連携し、統合ツールを使用し、データを複製または連携させ移行します。 災害復旧、容量拡張、クラウド内のデータアーカイブのいずれの目的であれ、オンプレミスとクラウドストレージの連携が容易です。 単一の管理環境内で、パフォーマンス、コスト、セキュリティを最適化します。

広域分散

CLOUDIAN HYPERSTOREは、データセンター、DRサイト、または遠隔拠点の必要な場所にデータ容量を配置し、単一クラスタとして制御します。どこの場所からでもデータを保存、検索、保護できます。 アプライアンスとして、ソフトウェア定義ストレージとして、または仮想マシンにもデプロイできます。 1つの画面から、ポリシーベースのツールを使用して、クラスタ全体のデータを管理、移行、複製操作ができます。

主なユースケース

クラウディアン、2020年事業戦略を発表 ビジネスパートナーとの連携強化で市場拡大へ 目指すは200%の売上増

2020年4月1日 クラウディアン株式会社 オブジェクトストレージベンダー・クラウディアンInc.(本社:米国)の日本法人・クラウディアン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:ブライアン・バーンズ、以下クラウディアン)は本日、2020年度の事業戦略を発表します。 2018年から2019年にかけて3倍強の業績アップを果たしたクラウディアングローバルで今期、2019年の2倍以上の売上を目指します。この目標を達成すべく、クラウディアンは以下の事業戦略を図っていきます。 ■2020年度事業戦略概要 1.ディストリビューター施策 昨年、クラウディアンは株式会社ネットワールドとディストリビューション契約を締結。今期は同社との協力をさらに強化し、同社が強みとするサービスプロバイダー、メーカー、エンターテインメント、政府機関、金融業界などの市場に対して、日本国内の積極的なセールスを展開していきます。また同社はVMware[下記2参考]の世界で最も重要なディストリビューターの一つであり、顧客ベースへの理想的なチャネルの提供が可能となり、売上増への貢献が期待できます。さらに他のディストリビューター及びリセラーとの関係を緊密にするとともに、金融、小売等のマーケットに強い販売・ソリューション提供会社との新たな連携を開拓し、新規市場への進出も進めていきます。 2.VMwareとの連携強化によるサービスプロバイダー市場の拡大 VMwareの主要な市場の一つにサービスプロバイダー市場があります。同社は完全統合連携するオブジェクトストレージ製品として、グローバルで初めて、クラウディアンHyperStoreを選択しています。VMware製品を使用するサービスプロバイダーは、VMwareから直接、このオブジェクトストレージを購入し、VMware Cloud ... Read More

Intelligent CIO記事「クラウディアン、お客様のGDPR対応をサポート」

Intelligent CIO 欧州版に、クラウディアンのお客様であるCalligo社が紹介するCLOUDIAN HYPERSTOREを採用したGDPR対応についてのカバーストーリーが掲載されています。本記事では、クラウディアンについて以下のように紹介いただきました。「スムーズな相互運用性と他のクラウドサービスとの統合を確実にするため、CLOUDIAN HYPERSTOREのS3互換性は非常に重要でした。他のS3ベースの製品をレビューしましたが、HYPERSTOREはサービスの追加実装をスピードアップすることができるという点で最高評価でした」

宮崎県のご当地クラウド「MDクラウドひなた」を支える「CLOUDIAN HYPERSTORE」

移り変わるビジネス環境とクラウドサービスへの期待 宮崎県宮崎市を本拠地とする宮崎電子機器は、UMKテレビ宮崎グループにおけるOA事業会社として1983年に設立。富士ゼロックスの特約店として複合機やプリンタなどのOA機器のほか、PCやサーバー、NAS、ネットワークといったIT機器を提供している。さらに、多くのベンダーソフトウェアの販売やソリューションサービスを提供するとともに、オフィスの業務改善提案から導入・サポートまでを一貫して行うワンストップサービスも展開している。国内外問わずオフィスに必要な機器やサービスを「的確に提案し、迅速な保守対応を行ってくれる」と評判で、県内企業のサポート役として信頼を勝ち得ている。