Cloudian、HyperIQ可観測性および分析ソリューションに 新しい管理機能とセキュリティ機能を追加

クラウディアン株式会社は、本社Cloudian Inc.が現地時間2021年11月9日、HyperIQの可観測性および分析ソリューションの新機能を発表したことをお知らせいたします。この機能により、地理的に分散されたデータセンターを保有する最新ストレージインフラストラクチャの管理における課題に対処できるようになります。

Kubernetes対応のCloudianオブジェクトストレージ、RedHat OpenShiftのサポートを開始

Cloudian が現地時間2021年10月4日、オンプレミスで最新のクラウドネイティブアプリケーションにエンタープライズ永続ストレージを提供するRedHat OpenShiftのサポートを発表したことをお知らせいたします。これによりOpenShiftのお客様は、Cloudian HyperStore® オブジェクトストレージソリューションを自社データセンターに導入し、完全ネイティブのS3 API互換性、無限のスケーラビリティ、軍用グレードのセキュリティ、クラウドライクの俊敏性を、パブリッククラウドより最大70%低いコストで利用できるようになります。

金沢大学、研究データの管理・保護に クラウディアンのオブジェクトストレージを採用

2021年9月7日 – クラウディアン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:ブライアン·バーンズ、以下クラウディアン)は本日、金沢大学がビッグデータの管理·分析を含む同大学の研究基盤および支援体制を強化するための主要な取り組みの一環として、CloudianのHyperStore®オブジェクトストレージソフトウェアを導入したことを発表しました。クラウディアンのソリューションにより、金沢大学は、機密性の高い研究データをオンプレミスで保存·保護し、このデータの増加に合わせてコスト効率よく容易に拡張することが可能になります。

Cloudian、上半期に記録的な売上を達成、
前年比で50%増加

ランサムウェア対策、AWS Outposts向けストレージ、VMwareクラウドネイティブ環境向け
統合ソリューションで、オブジェクトストレージのリーダーシップを確立

クラウディアン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:ブライアン·バーンズ、以下クラウディアン)は、本社Cloudian Inc.(米国カリフォルニア州、以下Cloudian)が現地時間2021年9月1日、会計年度上半期(2月1日〜7月31日)の記録的な売上を発表し、前年同時期比で50%増加したことをお知らせいたします。この業績は、既存顧客からの再注文および新規顧客への販売が好調だったことによるものです。同社は現在、世界中に約650社の顧客を抱えており、過去1年間で40%増加しています。この6ヶ月間のハイライトは次のとおりです。

Cloudianオブジェクトストレージ、 VMware Tanzu Greenplumデータウェアハウスプラットフォームと相互運用を開始

クラウディアン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:ブライアン·バーンズ、以下クラウディアン)は、本社Cloudian Inc.(米国カリフォルニア州、以下Cloudian)が現地時間2021年8月26日、受賞歴のあるHyperStore®オブジェクトストレージプラットフォームが、大規模並列処理(MPP)データウェアハウスであるVMware Tanzu Greenplumの認定を受けたことをお知らせいたします。