新しいランサムウェアおよびクラウドネイティブソリューション、
VMwareとVeeamのパートナーシップ、業界での認知度向上により、
当社はオブジェクトストレージのリーダーとして
地位を確立・拡大しています

 

米国カリフォルニア州サンマテオ、2021年3月3日 – Cloudian®は本日、第4四半期に過去最高の四半期売上高を記録したことを含め、6期連続で過去最高を記録したことを発表しました。また、全世界の顧客基盤を36%拡大し、550社以上の顧客を獲得しました。またCloudianのストレージ容量の総計は63%増加しました。その他のハイライトは以下の通りです。

業界での認知度と顧客の獲得

  • オブジェクトストレージプロバイダーの評価に特化した唯一のレポートであるGartner社による2020 Critical Capabilities for Object Storageで、すべてのユースケースで最高のランキングを獲得するなど、オブジェクトストレージ業界におけるクラウディアンのリーダーシップがさらに注目されています。(http://bit.ly/CloudianCC をご覧ください)
  • Cloudianのランサムウェア保護ソリューションのObject Lock機能は、2020年のNAB Show Product of the Year AwardsにてBest New Storage Technology(ベスト新ストレージテクノロジー賞)を受賞したことや、HyperIQの可観測性および分析ソフトウェアがStorage Magazine/SearchStorage.com 2020 Products of the Year Awardsのファイナリストに選ばれるなど、業界で高い評価を受けています。
  • 米国疾病対策センター、米国連邦準備銀行、カリフォルニア大学バークレー校、オックスフォード大学、世界有数の金融ニュース企業2社、大手金融サービスプロバイダー数社、米国/欧州/オーストラリアの大手小売チェーン、世界的な自動車メーカー、多数の医療機関およびクラウドサービスプロバイダーなど、あらゆる業界の主要な顧客を獲得しています。

パートナーシップの勢い

  • VMwareクラウドプロバイダーによる医療機関向けランサムウェア保護プログラムを無料で提供。
  • VMware Cloud Foundation™上のCloudianオブジェクトストレージソフトウェアをTanzu™に統合し、クラウドネイティブアプリケーションと従来型アプリケーションの複数のユースケースに対応する単一の共有ストレージ環境を提供。
  • VMware Cloud ProvidersプログラムでのCloudianオブジェクトストレージの採用が急速に拡大しており、Green Cloud(米国)、AUCloud(オーストラリア)、Dataline(ロシア)、AIS(タイ)などの主要サービスプロバイダーによって世界中に展開されています。
  • Veeam と Commvault の両方で利用可能な、Cloudianの業界最高クラスのランサムウェア保護ソリューションにより、バックアップデータのコピーは不変になり、ハッカーによる暗号化や削除を防ぐことができます。
  • Splunk Smart Storeとの統合により、コンピューティングとストレージを分離することで、より多くのデータを低コストでインデックス化し保存することが可能になります。

新しく強化されたソリューション

  • Veeam と Commvault の両方で利用可能な、Cloudianの業界最高クラスのランサムウェア保護ソリューションにより、バックアップデータのコピーは不変になり、ハッカーによる暗号化や削除を防ぐことができます。
  • フラッシュ最適化オブジェクトストレージソフトウェアが発売されました。優れたコストフォーマンスと、適応型ハイブリッドアーキテクチャ内にフラッシュおよびHDDベースのノードを展開できる独自の機能を備えています。
  • Cloudianストレージとインフラストラクチャの統合管理ビューとユーザー行動の洞察を提供する新しいHyperIQ可観測性および分析ソフトウェアを発表しました。
  • Cloudian HyperStoreは 連邦情報処理標準(FIPS)の認証を取得し、コモンクライテリア 、SEC規則17a-4(f)とその他のセキュリティ認証に加え、データセキュリティのリーダーシップを拡大しています。

「COVID-19のパンデミックによって悪化したデータ管理と保護の問題を克服する上で、Cloudianは今最前線にいます。」とCloudianのCEOであるMichael Tsoは述べています。 「当社の記録的な実績は、オンプレミスでもハイブリッドクラウド環境でも、最新のアプリケーションと従来型アプリケーションの両方をサポート可能なストレージ基盤を求める企業やサービスプロバイダーに、当社が提供する価値の大きさを反映するものです。」

「今後も、お客様がデジタルトランスフォーメーションを実現し、ビジネスをより大きな成功に導けるように、ソリューションパートナーやチャネルパートナーとの緊密な連携を継続していきます。」

Gartner does not endorse any vendor, product or service depicted in its research publications, and does not advise technology users to select only those vendors with the highest ratings or other designation. Gartner research publications consist of the opinions of Gartner’s research organization and should not be construed as statements of fact. Gartner disclaims all warranties, expressed or implied, with respect to this research, including any warranties of merchantability or fitness for a particular purpose.

(Gartner社は、調査報告書に記載されているいずれのベンダー、製品、またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価またはその他の指定を受けたベンダーのみを選択するようユーザーに推奨するものでもありません。ガートナーの研究出版物は、ガートナーの研究組織の意見で構成されており、事実を述べたものとして解釈するものではありません。Gartnerは、明示または黙示を問わず、特定の目的に対する商品性または適合性の保証を含め、本調査に関して一切の保証を行いません。)

クラウディアンについて

クラウディアンは、最も広く導入されているオブジェクトストレージ独立ベンダーです。 ネイティブS3 APIにより、データセンターにパブリッククラウドストレージと同等の拡張性と柔軟性をもたらすと同時に、ランサムウェア保護を提供し、従来のSAN / NASおよびパブリッククラウドと比較しTCOを60%以上削減します。 地理的に分散されたアーキテクチャにより、ユーザーは単一のプラットフォームから、オンプレミスとクラウドのサイト間でオブジェクトとファイルのデータ管理および保護をすることが可能になります。 クラウディアンは、ソフトウェアまたはアプライアンスとして利用可能で、従来のアプリケーションとコンテナ化されたアプリケーションをサポートします。詳しくはhttps://cloudian.com/jp/をご覧ください。

 

※本件に関する報道関係者の問い合わせ先
クラウディアン株式会社
マーケティング担当
03-6418-6466
Japan-pr@cloudian.com

Share This:
Facebooktwitterlinkedinmail