AWS、VMware、Veeam、その他パートナーと連携した新しいデータ管理ソリューションにより、ハイブリッドクラウド、最新アプリケーション、ランサムウェアの課題に対応

クラウディアン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:ブライアン・バーンズ、以下クラウディン)は、本社Cloudian Inc.(米国カリフォルニア州、以下Cloudian)が現地時間2022年2月24日、7年連続で記録的な売上げ達成を発表したことをお知らせいたします。特に下半期が好調で、連続で史上最高業績の四半期を達成しました。さらにCloudianは、世界中の顧客数を約700社に拡大しました。その他のハイライトは次のとおりです。

新ソリューションおよび強化ソリューション

  • AWS Outpostsハイブリッドクラウド環境向けストレージ:AWS Outposts Readyに認定されたCloudianオブジェクトストレージソフトウェアは、AWS Outpostsのお客様がオンプレミスのAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)互換ストレージを利用することで、拡張性、ローカルデータ保護、低レイテンシンのデータアクセスを必要とするユースケースに対応します。
  • VMware Tanzu Kubernetes Grid (TKG) および Tanzu Greenplum との相互運用性:Cloudian は、TKG のお客さまがオンプレミスまたはパブリッククラウドで導入する最新のクラウドネイティブアプリケーションに、エンタープライズグレードの永続ストレージを提供します。これによりVMware Tanzu Greenplum データウェアハウス環境で最新のエンタープライズ分析アプリケーションのサポートに必要な無限の拡張性、堅牢なセキュリティ、優れた費用対効果を実現します。
  • RedHat OpenShiftのサポート:CloudianはVMware TKGのソリューションと同様に、クラウドネイティブアプリケーションに必要な俊敏性と管理のしやすさを備え、拡張性が高く、安全で費用対効果に優れた永続ストレージプラットフォームをOpenShiftのお客様に提供します。
  • Kasten by Veeamとの連携:Cloudianは、Kasten K10 Kubernetesデータ管理プラットフォームと連携し、オンプレミスまたはハイブリッドクラウドのコンテナベースワークロードに、S3 API互換性、無制限にスケーラブルなデータバックアップ、ランサムウェア保護機能を提供します。
  • CloudianとWEKAの連携ソリューション:CloudianとWEKA Data Platform for AIを組み合わせることで、分析ワークロードの高速処理が可能となり、従来のストレージシステムに比べて1/3のコスト削減を実現します。
  • HyperIQの機能強化:HyperIQ可観測性および分析ソリューションは、クロスリージョンレプリケーションモニタリング機能、フェデレーション管理、ランサムウェア保護の機能などが強化されました。

業界評価および顧客獲得

  • Gartner社の Peer Insights Customers’Choice for Distributed File Systems and Object Storage *(分散ファイルシステムとオブジェクトストレージ部門) にて、エンドユーザーのプロフェッショナルからのフィードバックと評価に基づき、高い評価を獲得しています。Cloudianは2年連続でこの評価を獲得した唯一の企業です。
  • Cloudianのランサムウェア対策ソリューションS3 Object Lockが、さらに2つの業界賞を受賞しました。サイバーセキュリティ業界のゴールドスタンダードとして知られる2021 SC Awardsの「Best Business Continuity/Disaster Recovery Solution」と、CyberSecurity Breakthrough Awardの「Data Security Solution of the Year」を受賞しました。
  • 世界的製薬会社、大手不動産企業、国際銀行、金融テクノロジー企業、テレビネットワークおよびプロダクション、米国大手生命保険会社、欧州大手自動車メーカー、アジアおよび中東の政府省庁など、主要顧客の獲得および拡大を実現しています。

「当社の記録的な業績は、企業やサービスプロバイダーに、進化するデータ管理ニーズに必要な基盤を提供していることを反映しています。」CloudianのCEOであるMichael Tsoはこのように述べています。「他のテクノロジーリーダーとのパートナーシップを深めることで、受賞歴のあるオブジェクトストレージソリューションのメリットを世界中のより多くのお客様に提供しています。」

「今後もこの成功をもとに、企業がオンプレミスやハイブリッドクラウドモデルでクラウドネイティブアプリケーションやデータ分析を活用し、ランサムウェアの脅威からデータを保護し、データ主権のニーズに応えられるよう努めてまいります。」

* Gartner社は、分散ファイルシステムとオブジェクトストレージを「シェアード・ナッシング・アーキテクチャ」に基づいており、非構造化データの増加に対応するためのオブジェクトおよびスケールアウトファイルテクノロジーをサポートするソフトウェアおよびハードウェアソリューションとして定義しています。

Gartner社は、調査報告書に記載されているいずれのベンダー、製品、またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価またはその他の指定を受けたベンダーのみを選択するようユーザーに推奨するものでもありません。Gartner社の研究出版物は、Gartner社の研究組織の意見で構成されており、事実を述べたものとして解釈するものではありません。Gartner社は明示または黙示を問わず、特定の目的に対する商品性または適合性の保証を含め、本調査に関して一切の保証を行いません。

クラウディアンについて
Cloudianは、最も広く導入されているオブジェクトストレージの独立ベンダーです。 ネイティブS3 APIにより、データセンターにパブリッククラウドストレージの拡張性と柔軟性をもたらすと同時に、ランサムウェア保護を提供し、従来のSAN / NASおよびパブリッククラウドと比較しTCOを60%以上削減します。 地理的に分散されたアーキテクチャにより、ユーザーは単一のプラットフォームから、オンプレミスとクラウドのサイト間でオブジェクトとファイルのデータを管理および保護することが可能になります。Cloudianは、ソフトウェアまたはアプライアンスとして利用可能で、従来のアプリケーションとコンテナ化されたアプリケーションをサポートします。詳しくは
https://cloudian.com/jp/をご覧ください。

本件に関する報道関係者のお問い合わせ先
クラウディアン株式会社
マーケティング担当
03-6418-6466
Japan-pr@cloudian.com