クラウディアン、販売加速のためDigital Alpha社との
ジョイントベンチャー経由で
125百万ドル(約135億円)の資金調達を発表

 

2018年3月6日

クラウディアン株式会社(東京都渋谷区:代表取締役社長 太田 洋、以下クラウディアン)は、本社Cloudian Inc.(米国カリフォルニア州サンマテオ、以下Cloudian)が、200社を超える世界のクラウド事業者とエンタープライズITが採用するオブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HYPERSTORE(以下HYPERSTORE)」の販売を加速するため、Digital Alpha社とのジョイントベンチャー経由による125百万ドル(約135億円)の資金調達を発表しました。

このうち25百万ドル(約27億円)はCloudianへの出資であり、販売、マーケティング、エンジニアリング、およびお客様サポート組織の拡大に使われます。そして、最大100百万ドル(約108億円)は、HYPERSTOREを「コンサンプション(消費)モデル」によりジョイントベンチャー経由でお客様に調達いただくための設備ファイナンス資金に充当されます。

HYPERSTOREとは、数十テラバイト程度の小規模から始め、データの増加に合わせてペタバイトを超える大量のデータを安全に保存できるストレージを構築するためのソフトウェア製品(Software Defined Storage)です。ハードウェアには標準的で汎用的なサーバを多数使い、HYPERSTOREソフトウェアが統合制御し、ひとつの巨大なストレージシステムにします。低コストのサーバをハードウェアに使うことで、大量データを経済的に長期間保存できます。クラウディアンでは、ソフトウェア製品に加え、あらかじめハードウェアとセットにしたHYPERSTOREアプライアンス製品としても販売しています。

今日、IT分野では、設備投資よりも、需要に合わせて必要量だけ使い、購入できるITサービスへの要望が高まっています。パブリッククラウドサービスはこのニーズに応えるサービスを提供していますが、多くの企業では処理性能、機密保持、経済性などの理由から、全てのデータをパブリッククラウドに預けることができず、オンプレミスのデータはパブリッククラウドサービスのメリットを享受できませんでした。今回発表のジョイントベンチャーを通じて設備ファイナンスを活用する「コンサンプションモデル」を導入することにより、お客様はHYPERSTOREアプライアンスを「Pay-per-use: 使う分だけの支払」で調達できます。つまり、オンプレミスもパブリッククラウドサービスと同様になります。なお、この「コンサンプションモデル」の具体的な提供条件は、本年半ばに発表する予定です。

また、Digital Alphaは、戦略的協業契約を締結しているCisco Systems, Incとクラウディアンとのパートナーシップを支援することになります。

Digital Alphaの役員であるRick Shrotri氏は次のように述べています。「Digital Alphaは、オブジェクトストレージ製品利用に対する顧客満足度を数ヶ月間評価し、HYPERSTOREの使いやすさ、展開性、拡張性が群を抜いていることがわかりました。また、Cloudianの製品はAmazon S3 APIに収斂するIoT、アナリティクス、マルチクラウド環境といった新たな利用形態を主導するポジションにあります。経験豊かな経営陣が作る企業文化は、業界をリードする才能が集まる魅力的な拠点となっており、さらなる成長につながるものと確信しています。」

CloudianのCEO マイケル・ツォーは、「当社のお客様にとって、このジョイントベンチャーは、柔軟で新しい購入方法を実現し、次世代オブジェクト・ストレージ・ソリューションへの移行を加速させます。」 と語っています。「IoTや機械学習など、容量重視の利用形態が登場している今日、伝統的なプラットフォームではデータ管理のニーズに対して急速に応えられなくなります。Cloudianのソリューションには、無制限の拡張性、優れた使いやすさ、クラウド統合が備わっており、最大容量に関するストレージの課題を解決し、時間とコストを節約します。」

Digital Alphaについて
Digital Alpha Advisors, LLCは、Cisco Systems, Incとの戦略的協業契約を結び、デジタルエコノミーで必要となるデジタルインフラストラクチャとサービスに重点を置く投資会社です。この契約の一環として、Digital Alphaは、エクイティファイナンスを必要とする商用機会のあるCisco Systems, Incのパイプラインに対し優先的に支援をしています。 Digital Alphaは、スマートシティ、次世代ブロードバンドネットワーク、エンタープライズデータ管理およびコミュニケーションソリューションなど、デジタル経済の基盤となる重要な成長機会にプライベートエクイティ投資を行うことに焦点を当てた最初のファンドだと考えています。

■ CLOUDIAN HYPERSTOREの概要
日本で生れ、現在はシリコンバレーに本社を置くクラウディアンが開発提供する「CLOUDIAN HYPERSTORE」は、ソフトウェアデファインドのオブジェクトストレージ製品です。汎用サーバをハードウェアに使い、3台からスモールスタートし、数ペタバイト超級にまでスケールアウトできる高い拡張性を有します。複数サーバ間、さらには複数データセンター間でも、自動複製・分散配置により堅牢にデータ保護します。国内外の大手クラウドサービスとエンタープライズITのオンプレミス・ストレージとして採用されています。

Share This:
Facebooktwitterlinkedinmail