Sithabile、データバックアップ、リカバリー、アーカイブサービスにCloudianのオブジェクトストレージを活用

 

クラウディアン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:太田 洋)は、南アフリカでデータマネジメントソリューションを提供するSithabile Technology Services (STS)社がバックアップ、リカバリー、アーカイブサービス提供のためにCloudian HyperStoreを採用したことを発表しました。

Sithabileは、完全にパブリッククラウド互換で、長期保管データの管理が容易で、数ペタバイト級の非構造化データを保存できる柔軟なソリューションを求めていました。これまでは他のオブジェクトストレージ製品を利用していましたが、複数製品を比較検討した結果、Cloudian HyperStoreを選択しました。

南アフリカの企業はクラウドサービスの利便性に強い関心はありますが、厳格なデータ主権規制のため、国外に出せないペタバイト級のデータを所有している企業が多くあります。Cloudianを使うことで、Sithabileの顧客は南アフリカ内に保管すべきデータには、地域サービスで、単一のシンプルなインターフェースのパブリッククラウドを利用できます。

「私たちは、以前は他製品を使っていましたが、サービス障害につながるS3互換性に関する問題を経験しました。さらに、その製品は、当社にとって非常に重要なマルチテナントに対応していませんでした」Sitahbileのクラウドサービス担当GMであるRichard Tathamは語ります。「Cloudianを利用してから、私たちのサービスは以前に比べ、はるかに良くなりました。」

クラウディアンのCMOであるJon Toorは次のように話しています。「今後、ますます多くのサービス事業者がデータストレージサービスにCloudianを採用するでしょう。Cloudianだけが、課金、QoS、マルチテナントといったサービスプロバイダーに必要な機能が全て揃っています。さらに、CloudianだけがS3互換を保証しており、顧客のアプリケーションを確実に動作させることができます。」

Sithabileはヨハネスブルグにデータセンターを所有しており、顧客の要望に応じ、Cloudian HyperStoreが稼働する2番目をケープタウンに2017年に開設予定です。

 

■ クラウディアンについて

日本と米国を開発拠点とするクラウディアンは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミス環境でハイブリッドに活用できるSDS(Software Defined Storageソフトウェア定義ストレージ)である「CLOUDIAN HyperStore」をソフトウェア製品およびハードウェアアプライアンス製品により提供しています。CLOUDIAN HyperStoreは、数十テラバイトから数ペタバイト超級のビッグデータを経済的に保存できるストレージ製品です。汎用サーバーをハードウェアに使うソフトウェア製品であり、クラウドストレージの事実上の標準Amazon S3 APIに準拠しています。複数サーバー間、さらには複数データセンター間でも、自動複製・分散配置により堅牢にデータ保護します。日本におけるNTTグループをはじめ、世界の大手クラウドサービスと、数多くのエンタープライズITのオンプレミス・ストレージとして採用されています。

 

※本プレスリリース内の商標や登録商標はすべて各所有者の資産です。

Share This:
Facebooktwitterlinkedinmail