東レシステムセンター、クラウディアンの オブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HYPERSTORE」を採用

 

2018年3月16日

クラウディアン株式会社(東京都渋谷区:代表取締役社長 太田 洋、以下:クラウディアン)は、東レグループ会社のITを支える株式会社東レシステムセンター(東京都中央区:代表取締役社長 田邉 裕久、以下:東レシステムセンター)に、クラウディアンのオブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HYPERSTORE 以下:HYPERSTORE」が採用され、2015年に導入以来、安定運用を続けていることを発表しました。

HYPERSTOREとは、国内外のクラウドサービスやエンタープライズITにおける大量データを保存するストレージを構築するソフトウェア製品で、標準的で汎用的なサーバをハードウェアに使います。数十テラバイト程度の小規模から始め、データ量の増加とともにハードウェアを追加してゆくだけでストレージシステム全体の容量を無制限に拡張できるという特長を持ちます。そのため、特に、24時間365日間、機械が生成するIoT(モノのインターネット)のデータ、ディープラーニングのようなAI(人工知能)の認識精度を高めるための学習用データ、4k/8kといった高精細・高解像度化する映像や画像データなど、新たに大量生成されるデータを経済的に、長期間、安全に保管するために適しています。

東レグループは研究・開発や製造の過程において膨大なデータを生成しており、増加し続けています。東レシステムセンターでは、それらを確実に保護していくためには、これまで以上にコストパフォーマンスがよい巨大なストレージが必要になると考えていました。複数の製品を比較の結果、クラウドで高い実績を誇るAmazon S3 APIとの互換性が圧倒的に高く、容量に上限がなく、単一障害点のない分散アーキテクチャである点を特に高く評価し、オブジェクトストレージ製品「HYPERSTORE」を採用いただきました。

これまで東レシステムセンターでは、容量制限を設けずに社員のデータを保存できるオンラインストレージのようなファイル共有アプリケーションやファイルサーバーのストレージとしてHYPERSTOREを使い、安定的に運用してきました。また、HYPERSTOREのCRR(クロスリージョンレプリケーション)機能を使い、パブリッククラウドであるAmazon S3にデータを自動複製するDR(災害復旧)対策も同時に実現しました。今後は、従来のNASでは対応しきれないAI、IoT、ビッグデータをも扱う共通ストレージ基盤へと利用を拡張してゆく考えです。

東レシステムセンター システム技術推進部 専門部長 天満昌則様のエンドースメント
「オブジェクトストレージは、これまでにないスマートなストレージであることが最大の特長です。クラウディアンは、HYPERSTOREを用いたAI事業に取り組んでいると聞いています。そうしたインテリジェントなストレージの活用方法は、とても刺激的であり、私たちの新たなチャレンジを強力に支援してくれると確信しています。」

クラウディアン 代表取締役社長 太田 洋のコメント
「東レシステムセンター様は、早い時期からオブジェクトストレージの必要性を予見されていました。当時は大手クラウドサービスが使う特別な技術との見方もありましたが、エンタープライズITの分野において、世界に先駆けHYPERSTOREを採用いただきました。HYPERSTOREは、リリースから7年間にわたり、新機能を追加し、安定性、使いやすさを向上し続けています。このことも高く評価いただき、またIoTやAIといった新たな事業分野でも製品がお役に立てるとお伺いし、心から喜んでおります。」

■ CLOUDIAN HYPERSTOREの概要
日本で生れ、現在はシリコンバレーに本社を置くクラウディアンが開発提供する「CLOUDIAN HYPERSTORE」は、ソフトウェアデファインドのオブジェクトストレージ製品です。汎用サーバをハードウェアに使い、3台からスモールスタートし、数ペタバイト超級にまでスケールアウトできる高い拡張性を有します。複数サーバ間、さらには複数データセンター間でも、自動複製・分散配置により堅牢にデータ保護します。国内外の大手クラウドサービスとエンタープライズITのオンプレミス・ストレージとして採用されています。

Share This:
Facebooktwitterlinkedinmail