クロスコンパスとクラウディアン、AI開発プラットフォームとオブジェクトストレージを 連携させた工場向け異常検知ソリューションの本格的な検討を開始

クロスコンパスとクラウディアンは、製造業向けAIの統合開発環境「M-IX」とオブジェクトストレージ製品「HYPERSTORE」、およびAI実行用小型装置「CLOUDIAN AI Box」とを連携させる工場向け異常検知ソリューションの本格的な検討を開始することで合意したことを発表いたします。

JBCC、クラウディアン認定パートナーとなり オブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HYPERSTORE」の提供開始

クラウディアンは、JBCCがクラウディアン認定パートナーとなり、オブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HYPERSTORE」を提供開始したことを発表します。AI学習用に収集・蓄積するデータの規模は、従来型のストレージ装置が想定してきた適正量を超え始めており、AI学習に最適なデータマネジメントができるストレージ基盤が必要となっていました。

クラウディアン、マルチクラウドを実現するMicrosoft Azure用「HyperCloud」を発表

クラウディアンは、Microsoft AzureのBlob StorageにおいてS3 APIを使えるMicrosoft Azure用「HyperCloud(ハイパークラウド)」を本日発表しました。HyperCloudは、Microsoft Azureクラウドプラットフォーム内の仮想環境下で実行されるソフトウェアであり、S3対応アプリケーションはMicrosoft AzureのBlob Storageに接続できるようになります。

データクックとクラウディアン、AIを活用した映像・画像アーカイブサーバ分野で協業

データクックとクラウディアンの製品が連携することにより、AIによる映像・画像認識エンジン(Cognitive AIエンジン)を使い生成したメタデータを映像・画像データと統合管理できる次世代型のアーカイブが可能となります。そのため、お客様にとっては、従来時間のかかった映像・画像の検索が速くなり、様々な角度から必要なデータを検索できるようになります。

クラウディアン、Skymind社とAI向けデータ管理ソリューションで提携

最初の連携ソリューションは、ネットワーク攻撃の可能性を識別するセキュリティ監視ツールです。このソリューションはパターン認識を使用し、疑わしいネットワークトラフィックを特定します。ユーザーは攻撃の発信元と宛先の両方を見ることができ、対策が簡単にできます。クラウディアンは、大量の非構造化データの管理をおこないます。