VMware vSAN Data Persistenceプラットフォームとの相互運用により、Kubernetes環境にエンタープライズクラスのストレージを提供します

米国カリフォルニア州サンマテオ2020年9月15日 – Cloudian®は本日、VMware Cloud Foundation™ with VMware Tanzu™ 向けに完全ネイティブS3互換オブジェクトストレージソフトウェアを提供することを発表しました。新しいVMware vSAN™ Data Persistenceプラットフォームにより、Cloudianは、データセンターの近代化と、あらゆる規模であらゆるアプリケーションの実行を可能にします。 これにより、VMwareの顧客は、Cloudianのエンタープライズ対応のエクサバイト規模の拡張性、軍用レベルのセキュリティ、マルチテナントを活用できるようになります。Cloudianオブジェクトストレージは、VMware Cloud Provider Partner(VCPP)プログラムを通じVMware Cloud Providerにすでに提供されていますが、本日の発表により、CloudianストレージのメリットをVMwareエンタープライズユーザーにもシームレスに提供します。

「クラウドネイティブ」な世界のためのストレージ

企業組織は、インフラストラクチャ、プロセス、ワークフローを再編成し、DevOpsモデルを念頭に置いた新しいアプリケーションを作成することにより、新しい「クラウドネイティブ」アプローチを採用する傾向がますます強まっています。これには、従来型のSANおよびNASシステムでは実現できない柔軟性と高レベルのAPIベースのインフラストラクチャが必要です。一方で、CloudianのHyperStoreオブジェクトストレージプラットフォームは、クラウド由来のテクノロジーと業界初のネイティブS3 API実装をベースに構築されています。 これらの利点を反映して、Cloudianは先月、オープンソースのKubernetesデプロイ用に、Kubernetes S3 Operatorを発表しました。

新しいCloudianソリューションは、VMware Cloud Foundation with Tanzuの最新ステートフルサービスのメリットを最大限に生かすために役立ちます。主な機能は次のとおりです。

  • vSAN Data Persistenceプラットフォーム上のエンタープライズクラスのオブジェクトストレージ:vSAN Direct Configuration™をオブジェクトストレージに活用して、ストレージ効率を向上させます。
  • Kubernetesによる自動デプロイとスケーリング:HyperCenterをVMwarevCenter®UIから直接、Kubernetes APIを介して動的かつセルフサービス方式で、VMwarevSphere®クラスターに簡単にインストール、デプロイ、スケーリングできます。
  • vSphereに統合されたキャパシティと稼働状態の監視:データセンター、エッジ環境、クラウドにまたがるHyperStoreクラスタを、vSphereから離れることなくシームレスに管理します。
  • サービスを意識したインフラストラクチャ運用:計画的なメンテナンスやライフサイクル管理など、インフラストラクチャ運用時の中断や影響を最小限に抑えます。
  • CAPEX(設備投資)の削減:vSANダイレクト構成でCloudianのデータポリシー(レプリケーションまたは消去コーディング)を活用することで、コストを削減し、ストレージ効率を向上させます。
  • OPEX(運用コスト)の削減:従来のワークロードと最新のクラウドネイティブワークロードを同じプラットフォームに統合し、インフラストラクチャのサイロを排除し、共通のスキルとトレーニングを活用します。

関連コメント

「Cloudianとのパートナーシップは、現代のアプリケーション戦略においてとても重要です。」 VMwareのCPBU vice president of marketingを務めるLee Caswell氏は、このように述べています。「VMware Cloud Foundationが、ハイブリッドクラウド全体で最新のステートフルサービスをより安全にデプロイするため、Cloudian HyperStoreのスケーラブルなS3 API対応のマルチテナントストレージをサポートすることになり、相互のお客様に大変喜ばれています。」

「この1年間、CloudianとVMwareは、VCPPプログラムの一環として、VMware Cloud Providerに統合データ管理および保護ソリューションのメリットを提供するため、緊密に協力してきました。」 Cloudianの chief marketing officerである Jon Toorはこう続けます。「今後は、新しいvSAN Data Persistenceプラットフォームで、これらのメリットを企業ユーザーにもシームレスに拡大させ、クラウドネイティブアプリケーションが提供する新たな機会を活用できるようにしていきます。」

入手方法とその他リソース

新しいCloudianソリューションの概念実証評価は、只今複数のお客様と計画中で、ソリューションは本年度の最終四半期にリリースされる予定です。 詳細はこちらをご参照ください。https://bit.ly/3kl773t

Cloudianについて
クラウディアンは、業界で最も高度なS3互換性と、広範なパートナーシップエコシステムを備えた、最も広く導入されているオブジェクトストレージシステムの独立ベンダーです。 ソフトウェア定義のストレージ製品HyperStoreは、無限の拡張性とクラウドライクのテクノロジー、柔軟性、そして経済性をデータセンターに提供します。 クラウディアンの分散オブジェクトストレージによるグローバルなデータ管理技術により、単一の統合プラットフォームを構築し、オンプレミスとパブリッククラウド両方のサイトにわたりデータをシームレスに保存、検索、保護することが可能となります。 https://cloudian.com/jp/

 

VMware、Tanzu、VMware vSAN、およびvCenterは、米国およびその他管轄区域におけるVMware, Inc. またはその子会社の登録商標または商標を示します。

(VMware, Tanzu, VMware vSAN, and vCenter are registered trademarks or trademarks of VMware, Inc. or its subsidiaries in the United States and other jurisdictions.)

 

※本件に関する報道関係者の問い合わせ先
クラウディアン株式会社
マーケティング担当
03-6418-6466
Japan-pr@cloudian.com

Share This:
Facebooktwitterlinkedinmail