拡張性、安全性、そして費用対効果に優れた
エンタープライズ分析アプリケーション向けの新しいCloudianソリューション

クラウディアン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:ブライアン·バーンズ、以下クラウディアン)は、本社Cloudian Inc.(米国カリフォルニア州、以下Cloudian)が現地時間2021年8月26日、受賞歴のあるHyperStore®オブジェクトストレージプラットフォームが、大規模並列処理(MPP)データウェアハウスであるVMware Tanzu Greenplumの認定を受けたことをお知らせいたします。このソリューションは、VMware Tanzu Greenplum環境における最新のエンタープライズ分析アプリケーションをサポートするために必要な、無限のスケーラビリティ、堅牢なセキュリティ、優れた費用対効果を提供します。今回のCloudianとVMwareのコラボレーションは、VMwareクラウドプロバイダーが新たな付加価値のあるストレージサービスの提供を可能にするCloudian Object Storage for VMware Cloud Directorの導入に続くもので、CloudianとVMware Cloud Foundationとの相互運用性により、単一のプラットフォームから、クラウドネイティブなアプリケーションと従来型アプリケーションの両方をサポートします。

HyperStoreとTanzu Greenplumと組み合わせることで、サイバーセキュリティ、予測メンテナンス(予知・予兆保全)、リスク管理など、さまざまな分野における複雑なアプリケーションに対応した分析モデルの作成と導入が可能になります。主に3つのユースケースに対応します。

  • 読み込み用ファイルのステージング
  • データベースのバックアップ保存
  • HyperStoreに保存されたデータを使用し、フェデレーションクエリ(federated queries)を有効化

さらに、機械学習、テキスト、グラフ、地理空間などの多構造データセットに対し、データプロフェッショナルが多様なモデルのテストを並行してサポートします。

「当社のお客様は、拡大し続ける分析アプリケーション市場を活用し、データからより多くの洞察を得て、ビジネスとミッションのさらなる成功を目指しています。そのため、堅牢なストレージ基盤を備えることは不可欠なのです。」とVMwareのエンジニアリング担当副社長であるMichael Schubert氏は述べています。「CloudianのHyperStoreがVMwareの顧客やパートナーに提供した多くのメリットを見てきました。このソリューションがTanzu Greenplumユーザーにもたらす価値を認識しています。」

「Cloudianは、オブジェクトストレージの主要な独立プロバイダーとして、企業の最新アプリケーションの需要をサポートするために、この2年間、さまざまな新しいソリューションを導入してきました。」Cloudianの最高マーケティング責任者であるJon Toorは述べています。「この間、VMwareとのコラボレーションで、世界中のより多くのお客様にサービスを提供し、デジタル資産を最大限に活用するために必要なデータ管理・保護プラットフォームを強化させる上でも、重要な役割を果たしてきました。」

新しいCloudianソリューションの詳細についてはcloudian.com/vmware/をご覧ください。

VMware and Tanzu are registered trademarks or trademarks of VMware, Inc. or its subsidiaries in the United States and other jurisdictions. All other marks and names mentioned herein may be trademarks of their respective companies.

(VMwareおよびTanzuは、VMware, Inc.またはその子会社の米国およびその他の国における登録商標または商標です。本記事に記載されているその他のすべてのマークおよび名称は、それぞれの会社の商標または登録商標です。)

Cloudianについて
Cloudianは、最も広く導入されているオブジェクトストレージの独立ベンダーです。 ネイティブS3 APIにより、データセンターにパブリッククラウドストレージの拡張性と柔軟性をもたらすと同時に、ランサムウェア保護を提供し、従来のSAN / NASおよびパブリッククラウドと比較しTCOを60%以上削減します。 地理的に分散されたアーキテクチャにより、ユーザーは単一のプラットフォームから、オンプレミスとクラウドのサイト間でオブジェクトとファイルのデータを管理および保護することが可能になります。Cloudianは、ソフトウェアまたはアプライアンスとして利用可能で、従来のアプリケーションとコンテナ化されたアプリケーションをサポートします。詳しくはhttps://cloudian.com/jp/をご覧ください。

 

本件に関する報道関係者の問い合わせ先
クラウディアン株式会社
マーケティング担当
03-6418-6466
Japan-pr@cloudian.com

Share This:
Facebooktwitterlinkedinmail